ハロウィンの飾りつけを手作りしよう!おしゃれで真似したくなる飾りつけとは?

今年もハロウィンの季節がやってきましたね!

コスプレや料理など、ハロウィンしか味わえないものもたくさんあって、今から楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

そんなハロウィン気分を盛り上げるために、お部屋の飾りつけは欠かせません。

せっかくなら、ハロウィンの飾りつけも手作りにして、さらに思い出に残るものに仕上げていきましょう。

今回は、手作りでもおしゃれでみんながまねしたくなるような、飾りつけの作り方について調べてみました。

スポンサーリンク

手作りできるおしゃれなハロウィンの飾りつけは?

1.卵の殻のお化け

卵の殻でできたお化けのインテリアオブジェを作ってみましょう。

まずは卵に小さく穴をあけ、中身を取り出したら卵の中をきれいに洗っておきます。

卵が乾いたら、卵の表面にマジックでお化けの顔を書いて完成です。

ハロウィン当日までに料理で使う卵をとって置き、お子様と一緒に顔をペイントしてもかわいいです。いくつも並べるとさらに迫力が出て素敵ですよ。

2.蜘蛛の巣の壁飾り

蜘蛛の巣は様々な材料を使って作ることができ、とっても簡単でハロウィンの雰囲気をぐっと高めてくれます。

毛糸やモールで作る場合は、糸を放射線状に置き、中央を結びます。

次にそれぞれの糸を円を描くように結んでいけば、蜘蛛の巣の完成です。

また、黒いマスキングテープやビニールテープを直接壁に貼って蜘蛛の巣を作っていくのもかわいいです。

どちらも、仕上げに蜘蛛を乗せてあげるとさらにリアリティーも出て立体感も出ますよ。

3.お化けのモビール

白い画用紙にくるくると円を描くように切り込みを入れていくだけで、お化けが空を飛んでいるようなかわいいお化けのモビールが完成します。

仕上げに黒の画用紙やマジックで目や口をつけてあげてくださいね。

頭のてっぺんから糸を通して、部屋の好きな場所につるしてあげると、風に揺れてお化けの動きもかわいくなりますよ。

4.ストローマーカー・フラッグ

食卓をぱっとハロウィンらしくしてくれるアイテムも簡単に手作りすることができます。

まずはパーティーに欠かせないストローマーカーです。

画用紙にハロウィンのモチーフである魔女やお化け、ジャックオランタンなどのキャラクターを切り抜き、それをそのままストローに通すだけです。

それだけで普段のドリンクもハロウィン風に!

また料理にさっと指してあるピック代わりに使えるフラッグは、この時期たくさん販売されているハロウィン風のマスキングテープとつまようじをつかって作りましょう。

つまようじにマスキングテープを張り合わせ、ちょうどいいサイズにカットして完成です。

あっという間にたくさん作ることができるので、パーティーのオードブルなどにも使うことができますよ。

5.バルーンアレンジ

風船もハロウィンカラーを使って少しアレンジを加えれば、かわいいオブジェを作ることができます。

オレンジの風船はジャックオランタンに、白い風船はドクロやお化け、紫の風船はモンスターにアレンジしていきましょう。

画用紙を使って目や口をつけることもできますが、さらに帽子をかぶせてみたり風船をつなげてみるのも面白いですよ。

6.ミイラのランプ

瓶とガーゼを使って、かわいいミイラのランプを作ることもできます。

家にあるいらない瓶を用意したら、表にぐるぐるとガーゼや包帯を巻きつけていきましょう。

適当な場所に、手芸品店に置いている目をつけてあげれば、ミイラの瓶の完成です。

中にLEDを入れればふんわりした優しい光のランプの完成です。

7.チュッパチャップスの蜘蛛

チュッパチャップスの飴の部分を蜘蛛のお腹の部分に見立てたキュートな蜘蛛も、机にさっとおいてみてはいかがでしょうか?

作り方は簡単で、チュッパチャップスの飴の部分のすぐ下に適当な長さに切った黒のモールを4本添えて飴の棒に巻き付けていきます。

巻き付けた後、モールを足の形になるように角度をつけ、巻き付けた部分に目をボンドでつけたら完成です。

100円均一のアイテムを上手に取り入れながらコーディネート

手作りでハロウィンの飾りつけは、かわいいものがたくさん作ることができます。

さらに手作りなら、お子様と一緒に楽しむことができ、他にはないユニークな飾りつけも行うことができます。

でも、すべての飾りつけを手作りでやろうとすると手間もかかってしまいますし、全体的に手作り感が出過ぎてしっくりこないという方もいるかもしれません。

今は100円均一でも、安くてかわいいハロウィングッズがたくさん販売されています。

ガーランドやモビールなどは、場合によっては手作りよりも購入したほうが本格的に仕上がることもあります。部屋のバランスを見ながら、既製品のアイテムも取り入れて、オリジナルの飾りつけを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク