スポンサーリンク

産後のぶよぶよお腹を引き締める方法

出産が終わってほっとした瞬間、自分の体型にショックを受けたりしていませんか? 妊娠してお腹が膨らむのは子どもが中にいるから、出産を終えてしまえばお腹は元に戻る…、こんな風に考えている人は、出産後お腹がなかなか元に戻らないことに「こんなはずでは…」と感じているかもしれません。

産後のお腹は、そのまま放っておいても完全に元通りになるのは難しいものです。ですから、産後ダイエットに励む女性は多いのですが、赤ちゃんへの負担を考えると間違った方法では成功しません。

産後のぶよぶよお腹を引き締める産後ダイエットとして、気をつけたいことをまとめておきます。

スポンサーリンク

産後ダイエットはいつから始めればいいの?

つわりはいつから始まるの?その症状と期間

産後のお腹のたるみ気になりますよね。このたるみ、皮膚そのものがたるんでいる状態です。それに、出産で骨盤が開いた状態。このまま筋肉量も減ったままだと更にたるんでいくことに。お腹を引き締めるなら産後すぐです!

とは言っても、産後1カ月の産褥期は安静が必要です。体力と子宮の回復に努めましょう。体調が落ち着いたらまずは骨盤ベルトで骨盤を元の位置に戻すのがよいでしょう。ガードルなどは産後1カ月頃から使用することをおすすめします。

産後のダイエットの方法

産後のぶよぶよお腹を引き締める方法

一般的なダイエットというのは、摂取カロリーを消費カロリーよりも減らすことが基本です。ただ、産後期に極端に摂取カロリーを減らすことはあまりおすすめできません。母乳育児をしている人は、赤ちゃんへの影響も出てしまいます。

産後ダイエットを行う上で気をつけたいことは次のような点です。

  • 摂取カロリーを減らすというよりも、過剰にカロリー摂取しないように心がける
  • 食事の内容に注意する(栄養バランス)
  • 消費カロリーを少し増やす努力をする
  • ストレスをためない

このように、産後のダイエットは、通常のダイエット方法と少しアプローチが異なります。くれぐれも「プチ断食」のような、摂取カロリーを極端に減らすタイプのダイエットはしないようにしましょう。

産後のお腹を引き締めるためにおすすめエクササイズ

母乳が足りているの?母乳で育てたいお母さんの不安

産褥期が過ぎたらまず、ながらエクササイズなどで腹筋を鍛えることでお腹を引き締めましょう。

こどもを抱っこしながらのスクワット、床にお尻をつけて座った状態でお尻で歩くお尻歩きなど。こどもを抱っこしながらでもできる運動の方が続きやすいです。

こどもをあやしながら、遊びながら腹筋を意識して体を動かすことがポイントです。お腹を意識した呼吸法を使うヨガなどもおすすめです。

産後ダイエットの食事注意点

妊娠中や授乳中に食べてはいけない食べものって何?

当然ながら、食事にも気をつけましょう。

母乳の方であっても消費するからといって油断は禁物。ポッコリお腹に戻ってしまいます。脂っこいものは控えて、低カロリー、高たんぱく質をとることを考えたバランスの良い食事が大切です。

この頃から運動と合わせてガードルやニッパーなどを取り入れるとさらに効果的に引き締めることができます。

産後ダイエットは効果を出しやすい

産後のぶよぶよお腹を引き締める方法

産後は痩せやすい時期でもありますので、少し努力すれば、以前の体型以上の美しい体型を手に入れることも難しくありません。といっても、無理は禁物です。

産後の身体はデリケートですので、負担をかけすぎないように自分の状態を観察しながら行ってみましょう。