スポンサーリンク

2人目の子供が欲しいけどパパと意見が合わないときはどうすればいい?

子供の人数や出産のタイミングは家庭によってベストが違います。私の友達でも実際に2人目が欲しいけどパパと意見が合わずに家族計画が進まない、と悩んでいます。子供に兄弟を作ろうと考えていはいても、パパの協力が得られないと妊活はうまくいかないですよね。

家族計画はとても重要です。このタイミングで!と計画をたててもその時に必ず子供が授かる補償はありません。

ただただ時間が進んでいくばかりで、気持ちもどんどん焦ってしまいます。その逆で授かった後に「やっぱり」ということができないので慎重におこなう必要があります。

そこで今日は2人目の子どもが欲しいときに、あまり協力的でないパパをどう説得するべきなのか調べてみました。今パパと話し合いの真っ最中という方は、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

意見が一致することがベスト

2人目,パパ,合わない

パパが一向に2人目の妊娠に協力的でないと、気持ちばかりが焦ってしまいついつい感情的になってしまいますよね。しかしここで無理やり協力させては、その後の大きな溝を作りかねません。

重要なのが夫婦の意見が一致することです。パパと意見が合わないので次の子供をなかなか作れないという話はよく聞きます。

意見が一致しないのに無理に授かれば後々、家族間でもめる原因にもなりかねません。

もしもパパと意見が合わないときは、むきにならずにどうして2人目に反対なのかという理由をきちんと聞きましょう。怒りたくなる気持ちをぐっと我慢してきちんと話し合いの場を設けてみてください。

まずは根気強く話し合いを!

男女、カップル、話し合い

女性と男性で考え方や意見の違いがあるのは仕方の無いことですし、家族計画や将来を考えるのにとても重要です。もしかしたら自分が見落としていた点にパパは気がついているかもしれません。

もちろん年齢や収入、上の子との年齢差、仕事の都合上などさまざまな理由が考えられます。

きちんと話し合いをし、お互いが納得しなければいけません。

できるだけパパの気持ちを聞いて、何が嫌なのか、どんなことを不安に思っているのかを共有していきましょう。話し合えば必ず解決策はあります。そして、パパにも育児に参加してもらえるようになるのが一番です。

2人目の出産は家計を支えてくれるパパにとってはl思っている以上にプレッシャーになっているかもしれません。きちんと話し合いをすることで、自分では気づかなかった問題点が見えてくるかもしれません。

高齢出産のリスクを説明する

年下,ママ友,付き合い

パパの意見もそうですがママの意見もきちんとはなしをして理解してもらいましょう。

女性にとっては当たり前の事かもしれませんが、男性からするとまだまだ高齢出産や不妊についての知識は深くありません。

そこで、今2人目を作らないと出てくるリスクや、高齢出産したときの問題などをまずは説明しましょう。自分で説明しづらいときは、ネットのオススメサイトを教えたり、参考資料を渡して呼んでもらうだけでもいいと思います。

普段から仲良く、距離を縮めよう

2人目,パパ,合わない

子供が産まれると子供が優先になり、妊娠前に比べてパパとの距離が離れていってしまっている可能性もあります。そんな中、2人目妊娠に協力してほしいといってもパパはいい気がしないかもしれません。

そこで普段から、できるだけパパとの距離も縮め、たまには子供を預けて二人でデートをしてみるのも、パパの気持ちを変えるきっかけになりますよ。

また排卵日に合わせたセックスだけを強要するのではなく、パパの気持ちも汲んであげてくださいね。

子供に兄弟を作ってあげたいと願うパパやママは少なくありません。しかし、高齢出産が増えた今、そのタイミングも色々と考えてしまいますよね。 ...
子供が産まれて忙しい毎日を送っている中、次に気になるのはママ友との関係です。特に高齢出産の場合、周りのママがかなり年下ということもありママ友...