スポンサーリンク

産後の赤ちゃんにベビーマッサージがおすすめ!そのメリットとやり方

産後取り入れたいスキンシップの一つにベビーマッサージをあげることができます。ベビーマッサージは赤ちゃんへの効果だけでなく、ママにも嬉しい効果がたくさんあるのをご存知でしょうか?

育児に疲れているときこそベビーマッサージを取り入れて、辛い育児もより楽しく乗り越えていきたいですね。今回は、そんなベビーマッサージのメリットとその方法について調べてみました。

スポンサーリンク

ベビーマッサージのメリット

パパに育児を促す

1.赤ちゃんの発達を促してくれる

ベビーマッサージで赤ちゃんに心地よい刺激を与えることで、成長著しい赤ちゃんの成長をサポートしてあげることができます。また、肌を優しく刺激するだけでも、脳の動きが活発になり発達をスムーズにしてくれるといわれているんですよ。

さらに、リラックス効果で筋肉や関節にもいい影響を与えることができるので、運動面の発達にも効果が期待できます!

2.免疫力を高める

ベビーマッサージは赤ちゃんの健康維持にも欠かせません。マッサージによってリンパの流れが良くなり老廃物が排出されることおで、より血行促進効果も期待できます。

さらにリラックス効果や便秘解消効果もあるので、腸内環境が整いやすくなり免疫力アップにもいいんです。

3.夜泣きの解消

ベビーマッサージを行い赤ちゃんのリラックスタイムを作ることで、赤ちゃんの夜泣きを軽減していくことができます。また、寝つきもよくなるため、赤ちゃんの夜泣きで困っている方は是非取り入れていきたいですね。

4、赤ちゃんとの絆を深める

初めての子育てでスキンシップもどうすればいいのかわからないママにとって、ベビーマッサージは簡単にできるスキンシップ方法です。

赤ちゃんはママにたくさん触れてもらうことで安心し、ママも赤ちゃんへの愛情がどんどん高まります。

5.産後疲れにも効果あり

赤ちゃんへスキンシップを行うことで、赤ちゃんだけでなくママにもオキシトシンというホルモンが分泌されます。そのホルモンはママへのリラックス効果もあり、疲れた体を効果的に癒してくれます。

ベビーマッサージの方法

赤ちゃん、ベビーマッサージ

1.足のマッサージ

まずは、赤ちゃんの抵抗が最も少ない脚から行いましょう。太ももから足首に向かって優しくなでおろすように行います。オイルを使用すると滑りが良くなりマッサージしやすくなりますよ!

2.おなかのマッサージ

便秘解消に効果もあるマッサージです。おへそを中心にのの字を描くようにマッサージします。少し圧がかかるくらいを意識して行いましょう。

3.胸のマッサージ

両手でおへその下からおへそを通り、胸の周りを大きく円を描くようにマッサージします。イメージは赤ちゃんの体の上で大きなハートを作るように行うのがポイントです。

4.背中のマッサージ

首筋からお尻に向かってなでおろすようにマッサージします。両手を使って交互に行い、手が離れる時間を作らないのがポイントです。

5.おしまいの合図

最後は頭から全身を優しくなでてあげておしまいです。このときに優しく声をかけてあげましょう。

産後、髪の毛が抜ける、薄毛が気になるという女性は非常に多いです。これは、妊娠から産後の女性ホルモンバランスが変化することにより起こっているケ...
出産が終わってほっとした瞬間、自分の体型にショックを受けたりしていませんか? 妊娠してお腹が膨らむのは子どもが中にいるから、出産を終えてしま...
やっと出産を終えて一息つきたいところですが、産後は慣れない育児など、毎日あわただしくなるものです。通常女性は妊娠すると体重が増加しますが、出...