子どもの鼻水が止まらない原因は?病院に行く目安や対処法

季節の変わり目になると体調を崩す子供も増えてきます。

熱はなくても鼻水だけがずるずると長引くと、心配になってしまうこともありますよね。

そこで今回は子供の鼻水が止まらない原因や対処法について調べてみました。

スポンサーリンク

鼻水が出る原因とは?

子供の鼻水、鼻をかむ子供

鼻水は何らかのウィルスに感染し、鼻の粘膜が刺激を受けたことによって発生します。

中には花粉やほこりなどのアレルギーによる反応で鼻水が出てくる場合もあります。

特に子供は鼻の穴が小さく刺激を受けやすいため、少しの気温の変化でも鼻水が出てしまいます。

また口呼吸よりも鼻呼吸が優位で、なかなかうまく鼻を自分でかむことができないため、そのままにしておくと呼吸が苦しくなってしまったり、さらなるトラブルを引き起こしてしまうこともあります。

鼻水の状態をチェックしておくことも大切

ティッシュ

1.水っぽいサラサラの鼻水

ウィルスに感染したばかりで風邪の引き初めによく見られます。

またアレルギー症状で起こる鼻水もこのようなタイプです。

鼻水の変化を見ながら自宅で安静に過ごしておきましょう。

2.粘り気のある鼻水

ウィルスに感染している可能性が高く、さらに治りかけで鼻水の中にウィルスや白血球の死骸が混ざり鼻が炎症を起こして鼻水に粘り気が出てきます。

喉にも鼻水が回ってしまうこともあるためこの時期には咳も出てくることもあります。

3.黄色や緑など色がついている場合

粘度があり色がついているとさらにウィルスに感染している可能性が高くなります。

治りかけでも色がつく場合もありますが、あまりにも色が濃い場合は副鼻腔炎の場合もあるため様子を見て病院で診察してもらいましょう。

また色がついている場合はにおいにも注意し、膿のようなにおいがする場合は感染が強くなっているのでさらに注意しましょう。

子どもの鼻水で注意しなくてはいけない病気

赤ちゃん,寝かしつけ,工夫,コツ

1.中耳炎

子どもは自分で鼻をかむことができません。

さらに大人に比べて鼻と耳の距離が近く、ほおっておくと鼻水に含まれる菌が耳の内側にまで到達し、そこで炎症を広げて中耳炎を起こしてしまうのです。

鼻水がずっと止まらず、さらに耳を痛がっていたり気にしている場合、布団に耳垂れがついている場合はすぐに耳鼻科に行ってみてもらいましょう。

2.副鼻腔炎

鼻風邪をきっかけに鼻とつながる副鼻腔に膿がたまってしまいます。

通常は鼻を吸って膿を吸い出すことでケアしていきますが、細菌が原因だったり、重症化している場合は抗生剤を使ってケアすることもあります。

3.後鼻漏

鼻水が鼻の奥に溜まって大量の鼻水がのどへと流れ落ちていってしまいます。

粘度の高い鼻水がのどに絡まることで眠りづらくなったり、たんの量が増え、咳やのどのイガイガが気になります。

子どもの鼻水が止まらないときはどのタイミングで受診する?

病気、病院、看護師

子どもの鼻水が止まらないときはまずは熱がないかどうかを確認しましょう。

38度以上の熱がない場合のほとんどは風邪が原因なのでしばらく自宅で安静にして栄養のある物を食べることで症状は改善されていきます。

それでも子供の場合は大人に比べて免疫力が低いためなかなか鼻水だけがずるずると止まらないということもあると思います。

小児科を受診すれば鼻水を止める薬をもらうこともできますが、無理に鼻水を止めるとかえって鼻が詰まってしまったり、ウィルスを体外に排出できなくなってしまい症状が悪化する場合もあります。

ただし鼻が詰まって食事や睡眠が十分にとれない、水のような鼻水がずっと止まらないといった場合は一度小児科を受診しておきましょう。

そして何より子どもの鼻水をすっきりさせてあげるのは原始的ですが鼻水を吸ってあげることです。

耳鼻科を受診すれば自宅では吸いきれない奥に固まった鼻水もすっきりきれいに吸ってくれますし、耳の中まで確認してもらうこともできます。

熱もなく、粘度のある鼻水がずっと続いて気になる場合は耳鼻科を受診してみてもらってはいかがでしょうか?

自宅でもこまめに鼻水を吸ってすっきりしよう

【公式】NEWモデル☆電動鼻水吸引器 ベビースマイル S-303【当日出荷】【代引手数料無料】(手動/鼻吸い器/ハンディタイプ/コンパクト)

価格:3,980円
(2018/9/18 21:18時点)

自宅でも口で吸うタイプのものや電動タイプの鼻吸い器を一つは用意しておきましょう。

鼻水が垂れていたり、口呼吸になっている場合はこまめに吸って鼻を楽にしてあげてくださいね。

また部屋に加湿器を置いて乾燥を防いだり、お風呂に入って鼻を温めてあげるだけでも少しは楽になり、鼻水も柔らかくなるのでタイミングを合わせて鼻吸い器を使ってみましょう。

ただし口で吸うタイプは使ったママもウィルスに感染する可能性が高いので必ず使用後はうがいを忘れ内容にしてくださいね。