スポンサーリンク

赤ちゃんの洋服に柔軟剤は必要?柔軟剤が与える効果や使い方

柔軟剤は衣類をふんわりと柔らかく仕上げてくれ、さらにほのかな香りで毎日の洗濯もより楽しくなりますよね。

そんな柔軟剤は赤ちゃんの洋服を選択する際にも使用するべきなのでしょうか?

今回は柔軟剤を子どもの洋服に使用したときの効果や正しい使い方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの洋服に柔軟剤を使うことは可能?

長時間のクーラーは避けましょう

デリケートな赤ちゃんの肌を包む衣類の洗濯はいつもの洗濯以上に気を使いますよね。

柔軟剤も使用することができるのか、いつから使うことができるのか悩んでいるママも多いのではないでしょうか?

しかし柔軟剤もオーガニックでできているものや低刺激で作られているものなど新生児の赤ちゃんでも問題なく使うことができるものもたくさん販売されているため新生児からでも使うことができます。

ただし商品によっては年齢によって控えたほうがいいものや、肌に刺激の強いものもあるので、赤ちゃんに使用する柔軟剤はきちんと配合されている成分を確認していくことが大切です。

赤ちゃんの洋服に柔軟剤を使うメリットやデメリット

赤ちゃん,寝かしつけ,工夫,コツ

赤ちゃんの洋服に柔軟剤を使うときにまず気を付けなければいけないのが柔軟剤に含まれている界面活性剤です。

界面活性剤は肌に刺激の強い成分でデリケートな赤ちゃんの肌を気づつけてしまう恐れもあります。

また柔軟剤をきちんと選ばずに使用すると香料や着色料などの添加物が赤ちゃんに刺激となり、肌が弱い赤ちゃんにとってはアレルギーの原因になる可能性もあります。

そして柔軟剤の中には繰り返し使うことで吸水力を下げてしまうものもあるので、赤ちゃんの汗を吸う力をなくしてしまったり、汚れを吸い取りにくくしてしまうこともあります。

しかし柔軟剤を使うことで衣類やタオルの繊維が柔らかくふんわりと仕上がるのでゴワゴワ感を抑えて肌の摩擦も少なくして、赤ちゃんの肌をやさしく守る効果もあります。

さらに程よい香りは赤ちゃんにとってもリラックス効果があり睡眠導入効果も期待できますよ。

静電気を抑え、花粉がつくのを抑えたり、毛玉の発生も防ぐことができます。

そして何かと汚れやすい赤ちゃんの服も柔軟剤を使うことで繰り返し選択しても長くダメになりづらく長く着続けることもできますよ。

赤ちゃんに使用する柔軟剤の選び方

柔軟剤と洗濯もの

1.植物性界面活性剤を選ぶ

界面活性剤は多くの柔軟剤に入っていますが、中でも石油系のものは肌に刺激が強いといわれています。

少しでも赤ちゃんの肌の刺激を抑えるために使用する柔軟剤は植物性界面活性剤が配合されているものを選んでいきましょう。

2.低刺激のものを選ぶ

香料や着色料など添加物が配合されていないものを選びましょう。

オーガニックのものを選べばナチュラルな香りを家族で楽しむこともできますよ。

3.香りが強すぎないもの

赤ちゃんはどんな刺激にも敏感で、大人が何とも思わない香りでもとても強く感じてしまいます。

海外製の柔軟剤の中には非常に香りが強いものもあるため、赤ちゃんの洋服に使用する場合はほのかに香る程度かもしくは無香料のものが好ましいでしょう。

4.季節によっては静電気を抑える効果のものもおすすめ

花粉の季節には赤ちゃんの洋服にも花粉がついて、赤ちゃんがアレルギー反応を起こしてしまうこともあります。

柔軟剤の中には衣類に花粉症がつくことを防ぐ効果が高いものもたくさん販売されているので、花粉がたくさん飛んでいる時期には使ってみるのもおすすめです。

5.赤ちゃん衣類可の柔軟剤を使ってみる

選び方がわからないという方はまず柔軟剤の表示を確認してみましょう。

赤ちゃんの衣類を使用してもいいかどうかが表示されているものも最近はたくさん種類があるのでその中から自分の好みの香りや価格のものを選んでみるのもおすすめです。

赤ちゃんの洋服の正しい洗い方

赤ちゃんのあしと衣類、タオル

まずは柔軟剤の使用量は正しく守りましょう。

使用量が多すぎると吸水力が弱くなってしまったり、香りが強くなって赤ちゃんに刺激を与えてしまうこともあります。

衣類は大人のものと一緒に洗っても構いませんが、大人の衣類で特に汚れがひどいものは一緒に洗わないようにしましょう。

大人の場合は特に問題はありませんが、赤ちゃんの洋服も一緒に洗うときは洗剤や柔軟剤のすすぎのこしがないように、すすぎの回数を節約することはやめて、通常コースで洗い上げましょう。

だいたい1歳を過ぎるころには免疫がついてくるため、1歳までは赤ちゃんの肌を大切に柔軟剤もきちんと選んでやさしい洗濯を心がけていきましょう。