スポンサーリンク

子どもに鼻のかみ方をマスターさせるにはどうしたらいいの?

小さな子どもはまだ自分で鼻をかむことができないため、風邪をひくたびに大人が鼻を拭いたり吸ったりする必要があります。

でもそのたびに大人にも風邪がうつってしまったり、なかなか奥まで鼻水を取り除くことも難しいですよね。

そこで大人の負担も子供の負担も減らすために、できるだけ早く子どもに自分で鼻のかみ方をマスターしてもらいましょう。

今回は、そんな鼻のかみ方を覚えるためのコツや方法について調べてみました。

スポンサーリンク

何歳くらいから鼻を自分でかめるようになるの?

子供の鼻水、鼻をかむ子供
鼻をかむときに、大人は「チーンして」「フンってして」などといいながら子どもに促すことが多いと思います。でも、そもそも鼻をかむ意識がない子供にとっては、思うように伝わりません。

さらに鼻や口の周りを触られることで息苦しく感じてしまい、ティッシュなどで拭われることすらいやがる子どもも多いのではないでしょうか?

そのため、なかなか言葉だけで鼻をかむことをマスターすることは難しく、根気強く教えていく必要があるのです。

それでも、多くの子どもは3歳頃には自分で鼻をかめるようになり、早い場合だと1歳半~2歳くらいで自分で鼻をかむことができるようになります。

意外と知らない正しい鼻のかみ方

ティッシュ
大人でも無意識のうちに乱暴に鼻をかんでしまっていることがありますが、正しい鼻のかみ方はきちんと片側の鼻の穴を抑え、片方ずつかみます。

また一気に鼻をかむのではなく、ゆっくりと小刻みに鼻をかむことが大切です。

特に子供の場合は鼻と耳までの距離が大人よりも短く、鼻を乱暴にかみ、強い圧をかけることで中耳炎を引き起こしてしまうこともあるので、注意しながら鼻をかんでいきましょう。

鼻かみをマスターするためにおすすめの方法は?

年下,ママ友,付き合い

1.鼻から出る息を目に見える形にしてあげる

鼻から息が出ていることを目に見えるようにしてあげると、子どもにも伝わりやすくなります。

簡単な方法は口を閉じた状態で鼻の前にティッシュや毛糸などを持ち、鼻息だけで飛ばしてみましょう。これで子どもにも自分の鼻息の操作方法がわかりやすくなります。

2.遊び感覚でマスター

ママやパパも一緒になってできる方法としては、ティッシュを丸めて鼻の穴に入れ、鼻の息で飛ばす遊びをしてみましょう。どれだけ遠くに飛んだか競っても面白いですね。

ただし子供の場合、鼻の奥に詰め込み過ぎて取れなくなることもあるので、ティッシュの先をきちんと外に出してあげて、大人がきちんと見守りながら行ってくださいね。

心配な方は、ティッシュをそのままの状態や丸めて机の上に置いて、鼻息で動かしてみる遊びを行ってみるのもおすすめです。

鼻かみをマスターするために抑えたいポイント

最盛期の前に始めたい対策!インフルエンザを予防する方法
鼻かみを子どもに教えるときに気を付けたいのは、まずは小さなことでもきちんとほめてあげることです。最初は当然うまくできないことも多く、鼻かみの練習も思うようにいかないかもしれません。

それでも、できるだけ本人がやる気を出してくれるように、たくさんほめてください。特に自分で鼻をかめたときは、どれだけ失敗していても、きちんとほめて次につなげてあげましょう。

仕上げだけさっとママやパパがきれいにしてあげれば徐々に自分できれいに鼻をかめるようになるはずです。もちろんまだまだ小さいお子様の場合は、ママやパパが後ろから手を添えてサポートも必要です。

また、鼻をかんだときに自分ですっきりした感覚が味わえるように、お風呂に入ったり鼻を蒸しタオルなどで温めて、きれいに鼻がかめる状態にしてあげましょう。そうすると、自分でも鼻をかむことで気持ちが良くなると、わかるようになります。

さらに、目の前で実際に大人が鼻をかんでいるところを見せてあげることも、効果的です。

鼻がかめない子どもの場合は焦らずきちんとケアをしよう

男の子と女の子を産み分ける方法
自分の子どもがまだ鼻がかめないからといっても、焦る必要は全くありません。

いずれかならず鼻を自分でかめるようになるので、根気強く無理のない程度に鼻かみの練習を続けていきましょう。

そしてその間に鼻水が出てしまったらきちんと大人が手伝って鼻水のケアを行いましょう。そのままにしてしまうと、中耳炎や副鼻腔炎など様々なトラブルを引き起こしてしまいます。

鼻がかめない場合は、こまめに鼻水を吸ってあげることで、鼻の通りが良くなり子どもも楽になります。

口で吸うのがつらい場合は、電動タイプに切り替えれば感染の心配もなく、吸引力も強く、強さも一定なので楽に済ませることができますよ。

そして鼻がかめる場合でもかめない場合でも、症状がひどく、鼻水が止まらない場合は一度耳鼻科に行って診察してもらいましょう。自宅では取り切れない鼻の奥の鼻水を吸引し、さらに鼻の中の腫れを抑える処置もできます。

季節の変わり目になると体調を崩す子供も増えてきます。 熱はなくても鼻水だけがずるずると長引くと、心配になってしまうこともありますよね。...