嫌がる子どもへの上手な薬の飲ませ方は?

子どもは大人に比べても熱を出したり、風邪をひいたりと病院に行く機会も多く、その分お薬を飲まなくてはいけないことも多いと思います。

しかし子どもが少しずつ成長していくとなかなか苦みや癖のある薬は思うように飲んでくれなくなり、ママは頭を抱えてしまうこともるのではないでしょうか?

そんな時に是非試してほしい子供への上手な薬の飲ませ方について調べてみました。

スポンサーリンク

基本的な薬の飲ませ方

薬を飲む子供

薬を子どもに飲ませるときはまずは医師や薬剤師の指示のもと正しい回数やタイミングで飲ませてあげることが重要です。

小さな子どもへ処方される薬は粉末タイプのものかシロップタイプのものが多く、どちらも甘く飲みやすくされていることも多いですが、やはり中には苦みや癖の強いものもあるためなかなかそのままでは飲みにくい場合もあります。

粉末タイプはそのままだと子どもは飲みにくいので少量の水に溶かしてペースト状やシロップにしてスプーンで与えたり、食べ物でごまかしながら与えていくことがおすすめです。

シロップタイプはスポイトで適量を吸い取って与えたり、コップに移してあげましょう。

まずは子どもが薬を嫌がる理由を考えてみよう

子どもが薬を嫌がる理由はやはり薬の飲みにくさや苦みなどの味に問題があります。

甘い味がついた粉末やシロップでも苦手な子どもは多くいらっしゃるようです。

次に親が無理に飲ませようとしたり、イライラしながら与えてしまうとかえって子どもは意地になって飲まなくなってしまうこともあります。

きちんとどうして今薬が必要なのか、薬を飲めば元気になるということを伝えてあげましょう。

そしてあまりにも熱などで体調がすぐれない場合はぐずって薬も拒否してくることがあります。

子どもが成長してくるにつれて自分の意思もはっきり伝えてくるようになるため赤ちゃんの頃よりも1歳を超えるとなかなか思うようにいかず、ママは焦ってしまいますがぐっとこらえて対策を練りましょう。

粉末タイプの薬を飲みやすくする方法

1.水で溶いて上あごにくっつける

粉末タイプのものを一度少量の水でお団子状になるくらいに練り、それを子どもの舌に乗らないように上あごやほっぺの内側にくっつけます。

こうすれば薬の苦みや癖を一時的に感じることはありません。

そのあとすぐにリンゴジュースなどを飲んでもらって流し込めば上手に飲ませることができます。

2.食べ物でごまかす

苦手な薬をほかの食べ物の味でごまかしながら与えましょう。

一番は水やぬるま湯で溶かしてあげることですがどうしても飲んでくれないのであれば無理をせず子どもが飲みやすいものを選んで混ぜていきましょう。

特にミルクとチョコレートは味をごまかしやすいですが、普段から飲んでいる赤ちゃん用ミルクに混ぜてしまうとミルクを受け付けなくなる可能性もあるので注意してください。

さらに抗生物質の中にはミルクと混ぜることで薬の効き目が遅くなり思うような効果が出ない場合もあるので一度薬剤師さんに確認してみてくださいね。

おすすめはヨーグルト、ゼリー、プリン、ジャム、ココア、きな粉、アイスクリームなどです。

アイスクリームを上げるときは体を冷やさないように注意しましょう。

また熱いスープなどに混ぜると薬の成分が変わってしまうこともあるので混ぜないようにしましょう。

子どもも成長して普段と味が変わっていることに気づいて口を閉じてしまったり、何かが混ざっているのがわかるとすぐに拒否することもあるので場合によってはこっそり食べ物に混ぜるのもいいですね。

3.お医者さんごっこ遊びで飲んでもらう

普段からままごとが好きなお子様であればお医者さんごっこをしてみるのもいいかもしれません。

ママがお医者さん役で子どもと一緒にお医者さんごっこをしてお薬を飲んでもらえば案外スムーズに口を開けてもらうこともできるかもしれません。

4.飲んだ後のご褒美

お薬を飲んだら何かご褒美を用意してたくさんほめてあげましょう。

高いものでなくても十分なので子どもの好きなシールや100円均一のおもちゃ、普段禁止しているお菓子などをセットにしてあげると子どももご褒美のために頑張って飲んでくれます。

シロップタイプの薬を飲みやすくする方法

シロップタイプは粉末タイプに比べて甘く飲みやすいものが多いですが、それでも苦戦するママもいらっしゃいます。

この場合は甘みの強いリンゴジュースに混ぜてあげると飲みやすくなるのでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク