スポンサーリンク

赤ちゃんの歯を虫歯から守るにはどうすればいいの?歯ブラシの選び方や頻度

歯が生え始め、食べられるものも増えてきた赤ちゃんは、その分虫歯の危険もぐんと高まります。

そのためには、きちんとママが赤ちゃんの歯をケアし、口の中を清潔に保っていく必要があります。

今回は、赤ちゃんの歯を虫歯から守るための歯ブラシの選び方や歯磨きの頻度について調べてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの歯ブラシはどんなものを選べばいいの?

歯ブラシ、歯みがき

小さな口の赤ちゃんには、それに適した歯ブラシを用意してきちんと歯磨きをしていく必要があります。

歯が生えそろってくる1歳半から2歳頃になると、自分でも歯磨きの練習ができるようになります。まずは、赤ちゃんにも握りやすい太めのグリップのものを選んであげましょう。

また、ブラシは柔らかめで先端が平らにカットしてあるやさしいものをチョイスしてあげれば、赤ちゃんも嫌がらずに自分で口に入れてくれますよ。

歯磨きをするときは必ず座って行うことが大切です。でも、赤ちゃんはなかなかじっとはしてくれないので、いざというときのためにグリップが曲がりやすいものや喉付き防止のプレートが付いているものを選ぶとさらに安心です。

そしてもちろん赤ちゃんだけでは十分に歯磨きを行うことはできないので、仕上げ磨きをママが行う必要があります。

その時に赤ちゃんと同じ歯ブラシを使うのではなく、仕上げ磨き用の歯ブラシを用意することも大切です。

ブラシ部分が小さく赤ちゃんの小さな歯を細かくブラッシングできることと、先端が柔らかく無理なく赤ちゃんの口の中を隅々磨き上げることができるものを選びましょう。

また、ブラシの先端は同様に柔らかいものを選んで赤ちゃんが痛がらないようにしてあげましょうね。

どれくらいの頻度で歯ブラシを行うべき?

赤ちゃん、離乳食

基本は、朝と晩の2回の歯磨きを行うことがおすすめです。

余裕がある方は、毎食後に歯磨きを行う習慣をつけてあげてもいいでしょう。

しかし、赤ちゃんはなかなか思うように歯磨きをさせてくれず、歯磨きを嫌がって泣いてしまう場合も少なくありません。

その場合は、必ず1日1回夜にしっかり磨くようにしましょう。

虫歯は夜寝ている間に菌が繁殖し、できていくため寝る前にしっかり汚れを落とすことが大切です。

朝は軽く磨くだけでも効果があるので、その分夜は赤ちゃんが泣いても、ママがきちんと赤ちゃんの口の中の状態を確認しながら隅々まで磨き上げていきましょう。

歯磨きよりも、虫歯ができてしまうほうが赤ちゃんもママもとても大変な思いをします。ですので、責任をもって赤ちゃんの歯のケアを続けていきましょうね。