スポンサーリンク

産後のイライラや不安はホルモンバランスの乱れが原因?産後うつにならないための対策法とは

やっと出産が終わったと思ったら、今度は慣れない子育てと家事の両立に気分がイライラしたり不安感を覚えたりすることってありますよね。でも、それは単に生活環境の変化だけでなく、女性ホルモンの乱れが原因で起こっているもかもしれません。

産後のイライラや不安感で、「産後うつ」にならないために普段から気をつけたいことをチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

産後のイライラや不安感の原因は何?

産後のイライラや不安感の原因

産後は慣れない育児と家事の両立で、情緒不安定になってしまいがちです。それに、産後はお母さんの体も完全に元通りにもどっているわけではありません。

出産が終わってほっとしたいところですが、ほっとするどころかイライラしたり不安感に悩まされるお母さんは多いんです。その原因は具体的には次のようなことが考えられます。

1.ストレス

出産が終わったら、今後は赤ちゃんの面倒を見なくてはいけません。初めての赤ちゃんであれば、すべてが初体験。当然慣れない育児と不安でストレスがたまってしまいます。

ストレスがたまると、自律神経のバランスがくずれ、ホルモンバランスにも影響が出てくるものです。そのため、ちょっとしたことで気分が落ち込みやすくなることがありあmす。

2.不規則な生活

上のストレスとも関連してきますが、産後はどうしても赤ちゃんの生活リズムに自分を合わせなくてはいけません。そうなると、睡眠時間が不規則になったり、まとまった睡眠がとれなくなったり、食事の時間もバラバラになってしまうことがあります。

こういった不規則な生活は、女性バランスをくずす原因の一つになることがあります。

産後うつにならないために気をつけたいこと

Head control首すわり

赤ちゃんが小さいうちは、家に閉じこもりがちになってしまいますよね。そうなると気分転換するのも容易ではありません。でも普段のちょっとした心がけで産後うつを防ぐことは可能です。

一人で抱え込まない

育児がたいへんなら、旦那さんや家族に助けを求めてみましょう。少し家事を手伝ってもらうだけでも気分が楽になるはずです。「自分がすべて一人でやらなくては」と思ってしまうと、どんどんとストレスがたまってしまいます。

まわりに手伝ってくれる人がいないなら、家事代行サービスなどを使うのも一つの方法です。

バランスの良い食事

産後は食事の時間が不規則になりがちですが、できるだけ栄養バランスの良いものを摂るように心がけたいですね。特に母乳育児を行う場合は、お母さんの食べたものがそのまま赤ちゃんの栄養素に影響してきます。

自分で料理をするのが大変なら、たまにはお惣菜やお弁当などを利用するのもよいでしょう。最近では、食材を配達してくれるサービスもありますよ。

適度な運動

女性は妊娠中から産後にかけて、どうしても運動不足になりがちです。そんなときこそ意識して、軽い運動を生活に取り入れてみましょう。旦那さんに赤ちゃんを見てもらえるなら、たまにはゆっくり入浴するのもよい方法です。

また、簡単なストレッチやマッサージを行うだけでも気分が明るくなりますよ。