子どもの寝かしつけにイライラ!なかなか寝てくれない原因や対策とは?

布団に連れて行っても思うように眠ってくれず、気づけば1時間以上寝かしつけに時間がかかってしまう・・・

寝かしつけのあとにもやることがたくさんたまっているとついつい余計にイライラして、どなってしまうこともありますよね。

今回はそんな多くのママが苦戦している、こどもの寝かしつけ対策についてまとめてみました。

スポンサーリンク

子どもがうまく眠ってくれない原因

子供の寝かしつけ

1.朝起きる時間が遅い

朝起きる時間が毎日遅いと、眠る時間も遅くなってしまいます。

朝はできるだけ7時前後に起きることを目標に早寝早起きを目指していきましょう。

2.昼寝の時間が長い・遅い

お昼寝の時間が長くなったり、遅くなってしまうとなかなか眠りが遠のいてしまいます。

夕方3時までにはお昼寝を切り上げるようにして、年齢に合わせて昼寝の時間も短くしていきましょう。

長く寝ているようであれば、ママが途中で起こしてあげましょう。

3.お風呂が遅い

お風呂の時間が眠る時間が遅くなると体が温まって眠りにくくなってしまいます。

お風呂は眠る時間の1時間前に済ませて、眠ず前にゆったりした時間を過ごしましょう。

4.眠る前のスマホやテレビ

スマホやテレビを見るとブルーライトの刺激により目がさえてしまいます。

ついつい眠る前についているテレビに子どもも一緒に夢中になってしまいますが、それが刺激になって眠りを遠ざけている可能性もあるので、眠る前はテレビを消す時間を作りましょう。

5.パパの帰宅

眠る時間に合わせてパパが返ってきて遊びたい気持ちに火がついてしまうと、子どもは興奮してなかなか眠ってくれません。

パパも子どもと遊びたい気持ちが強く、ついつい甘やかしてしまいますが、一度夫婦で話し合いましょう。

6.運動不足

梅雨の時期や炎天下などでなかなか思うように外に出れず、運動不足が続いているとエネルギーが有り余ってしまい、夜なかなか眠ってくれません。

昼間はしっかり疲れてくれるようにたくさん遊んであげましょう。

子どもをうまく寝かしつけるための方法

1.生活リズムを整える

寝かしつけをスムーズにするのに大切なのはやはり生活リズムを整えていくことです。

早寝早起きをベースに、昼寝の時間やお風呂の時間、ごはんの時間を毎日規則正しくしていきましょう。

毎日繰り返すことで子どもも眠る時間が体に染みつき、自然と眠れるようになっていきます。

2.照明を暗くして雰囲気づくり

眠る時間が近づいたら照明を暗くして眠る時間を知らせてあげることも効果的です。

明るい照明はそれだけで目が覚めてしまうので、間接照明などやさしい光を使って子どもを眠りに誘いましょう。

3.絵本の時間を作る

眠る前の絵本は気持ちを落ち着かせてくれるだけでなく、子どもの気持ちを切り替えさせてくれます。

毎日眠る前に絵本を読む時間を作ることで、自然とテレビやスマホから遠ざけることもでき、親子のスキンシップも図ることができますよ。

4.おやすみのあいさつ回り

眠る時間になったら、おやすみのあいさつ回りに出かけてみましょう。

パパやお気に入りのぬいぐるみ、観葉植物などにも「おやすみ」と声をかけてベッドに行くだけです。

最初はただ面白がってしまうかもしれませんが、習慣になると自然と眠りにつく習慣も身についていきます。

5.寝たふり

子どもがどれだけ騒いでいても遊んでいても、寝たふりをしてみましょう。

注意をすればするほど子どもは面白がったり、興奮してしまいます。

ママが寝たふりをしていると子どももつられて眠くなり、隣で一緒に眠ってくれることもありますよ。

どうしても眠ってくれない日はあきらめることも大切

どれだけ対策をしても、子どもがうまく眠ってくれない日はあります。自分や子どもをせめてイライラしてしまうこともあるかもしれませんが、そんな時は潔くあきらめるのも大切です。

例えば毎回ママが寝かしつけをしているのであれば、たまにはパパに寝かしつけを変わってもらいましょう。

パパでは寝かしつけはうまくできないから、と決めつけるのではなく、まずは試しにやってもらうことです。

なんと約60%ものパパが寝かしつけができるとのアンケート結果もあるように、パパもやれば、必ず寝かしつけはできるようになります。

もちろん最初は子どもも泣きますし、パパもなかなかうまくできず不安になるかもしれません。でも、イライラした気持ちのまま寝かしつけを行うよりもずっといいですよ!

1回だけでも変わってもらえれば、気分はスーッと楽になるはずです。

また、最初から寝かしつけは1時間はかかるもの、とスケジューリングを組んでおくと、子どもがなかなか寝なくてもイライラをおさえることができるかもしれません。

自分だけで抱え込まず、周りの人の力も借りながら、子どもの寝かしつけに取り組むことをおすすめします。