スポンサーリンク

赤ちゃんの首すわりっていつくらいから? 確認方法ってある?

赤ちゃんが生まれると、周りの人たちから「もう首がすわった?」と聞かれたことがあるかもしれませんね。初めての赤ちゃんの場合、そう聞かれて戸惑うかもしれません。

一体どのような状態を「首がすわった」といえるのでしょうか? 

今回は赤ちゃんの首すわりの時期と確認方法をご紹介します。



スポンサーリンク

首がすわるとは?

Head control首すわり

誕生後すぐの赤ちゃんは、まだ首の筋肉が発達していないために自分の頭を首で支えることができません。ですから首がすわっていない状態の赤ちゃんを抱く時には、赤ちゃんの首を支えて頭と体をしっかりと包むように気をつける必要があります。

その後1ヵ月~2ヶ月経つと少しずつ筋肉が成長して、赤ちゃんを縦向きに抱いても頭がグラグラしないようになってきます。

このような状態になったことを「首がすわった」と勘違いするママやパパがいることがありますが、それは間違いです。「首がすわった」といえるのは赤ちゃんが自分で首を動かせるようになることです。



赤ちゃんの首がすわるのはいつ頃?

赤ちゃんの首がすわる目安は、一般的には生後3ヶ月~4か月頃で、遅くても5か月頃には首すわりが完了するといわれています。

初めの頃はあおむけに寝た状態で手足をバタバタさせるだけですが、しだいに赤ちゃんに呼びかけると、頭を左右に向けて動かせるようになります。その後、うつぶせ寝の状態でも少しずつ自分で顔を上げたり、ゆっくりと首を左右に動かしたりしてキョロキョロすることもできるようになってくるでしょう。

このような過程を経て赤ちゃんの首がしっかりすわるようになってきます。

成長の度合いやスピードは、それぞれの赤ちゃんによって異なりますから、ママやパパもあまり焦らず赤ちゃんのペースに合わせて優しく見守りましょう。ただ、あまりにも遅いと感じる場合には検診の時などに先生に相談してみるといいでしょう。



赤ちゃんの首すわりを確認する方法とは?

Head control首すわり

赤ちゃんを腹ばいの状態にして確認

バスタオルなどを敷いた床か、硬めの布団の上に赤ちゃんを腹ばいに寝かせます。その時に赤ちゃんが自分で頭を持ち上げることができるようになれば、首まわりの筋肉が発達してきて首すわりが始まっているといえるでしょう。

この動作は首すわりの中では赤ちゃんにとって習得しやすいといわれています。

引き起こし反応

赤ちゃんをあおむけに寝かせ、赤ちゃんの両手を持ってゆっくりと優しく引っ張ってみます。この時、赤ちゃんの頭が垂直に体と一緒に持ち上がってきているかを確認しましょう。頭がちゃんと体と一緒に持ち上がれば大丈夫です。

この時、急に引っ張ったり力を入れ過ぎたりしないように注意が必要です。優しくゆっくり行いましょう。

縦抱きにして傾ける

赤ちゃんと向き合う形にして、わきの下から手を入れ縦抱きします。少しだけ赤ちゃんの体を傾けてみましょう。急に傾けたりせずゆっくり行うように注意が必要です。この時に赤ちゃんが頭を自分でまっすぐにキープできたら首がすわっていると判断できます。

まだ首すわりがしっかりしていないと赤ちゃんの頭がガクンと傾く心配があるのであらかじめ赤ちゃんの頭の後ろに手を置いて、すぐに支えてあげられるように準備しておきましょう。



このような3つの方法で確認し、赤ちゃんがどの状態でも自分の頭を支えて動かせるようになったら首すわりが完了したと判断できます。

これらの確認は、そろそろ首がすわってきたと思えるようになってから行いましょう。ご自分の赤ちゃんの成長を見守りながら確認してくださいね。



子どもの成長をあたたかく見守って

baby-784607_640

いかがでしたか? 赤ちゃんの成長はそれぞれ異なるため、よそのお子さんと比べて遅いかも・・・と感じることがあるかもしれません。

ママやパパが焦ると赤ちゃんにも不安が伝わってしまい良くありません。成長のスピードを他の子どもと比較せず、おおらかな気持ちで見守りたいですね。

この時期の赤ちゃんの成長はめまぐるしいものがありますから、赤ちゃんの一つ一つのステップを喜びながら楽しい子育てができるといいですね!