スポンサーリンク

保育園、幼稚園、こども園って何が違うの?

保育園や幼稚園と言えば、なんとなくなじみがあって、違いが分かるという人も多いかもしれません。しかし、最近よく見かけるようになった、「こども園」については、まだまだよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回の記事では、保育園、幼稚園とこども園の違いについて、まとめてみました。


スポンサーリンク

保育園・幼稚園・こども園の違い

保育園・幼稚園・こども園の違い

保育園の定義

保育所は、保育を必要とする乳児・幼児を日々保護者の下から通わせて保育を行うことを目的とする施設とする。
(児童福祉法 第39条第1項)

小学校就学前の児童(0歳~5歳)を対象に、就労や病気などのために家庭で保育できない保護者の委託を受けて、 子どもの心身の発達を目的に養育する厚生労働省管轄の児童福祉施設です。

幼稚園の定義

幼稚園は、義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする。(学校教育法 第22条)

幼児の心身の発達のために、満3歳児から小学校就学前の児童を対象に、幼児教育を提供する文部科学省管轄の教育施設です。


子ども園の定義

認定子ども園は、教育(幼稚園)と保育(保育所)の機能を併せ持ち、一体的に行う施設です。認定こども園には4つの類型があります。

1.幼保連携型 ⇒ 幼稚園と保育所が連携

幼稚園と保育所の両方の機能を併せ持つ施設で、総合的な機能を果たすタイプ

2.幼稚園型 ⇒ 幼稚園が保育所的機能を付加

認可幼稚園が、幼稚園の教育時間終了後に保育の必要な児童の保育をするなど、保育所的な機能を果たすタイプ

3.保育所型 ⇒ 保育所が幼稚園的機能を付加

認可保育所が、保育の必要性のない児童も受け入れるなど、幼稚園的な機能を果たすタイプ

4.地方裁量型 ⇒ 自治体が独自に認定

認可されていない地域の教育(幼稚園)保育(保育所)施設が、必要な機能を果たし認定されたタイプ


選択肢の幅が広がった育児現場

保育園・幼稚園・こども園の違い

幼児期の学校教育や保育、地域の子どもや子育て支援に関しての「子ども・子育て支援法」が成立されたことに伴い、平成27年4月より全国一斉に新制度が始まりました。

これまで保育所は「養育」、幼稚園は「教育」と目的や機能に違いがありましたが、待機児童・少子化などの問題で幼保一元化を目指し、平成18年に認定子ども園制度が施行され、社会背景の変化に伴い、就学前の子どもの利用施設や方法が変更されました。

新制度によって、「保育所」「幼稚園」「認定子ども園」の仕組みが共通化されましたが、基本的な枠組みは、これまでと変わらず、保護者の希望に合った施設の選択肢が広がり、両方の機能を併せ持つ「認定子ども園」に期待が持たれています。