スポンサーリンク

産後も仕事を続けることのメリットとデメリット

出産後仕事を再開するべきか、専業主婦として生活していくべきか悩む女性は多くいます。共働きの場合も専業主婦の場合もそれぞれにメリットとデメリットは存在し、パパの協力が不可欠になってきます。

そこで今回は、産後仕事を続けた場合に起こりうるメリットやデメリットについてまとめてみました。今働くべきかどうか悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

産後仕事に復帰した場合のメリット

仕事と育児の両立

1.金銭に余裕ができる

産後、正社員や派遣社員、パートなどに復帰した場合当然ながら収入が増え、家計に安心感を得ることができます。家庭の将来設計もプランしやすく、無理なく貯蓄もしていくことができます。

子供が小さいときにもしっかり働いて貯蓄を続けることで、その後子供が大きくなったときの進学費用や、習い事などの出費を賄うことができます。

2.パパと育児を協力できる

ママが働きに出ることでパパはやむを得ず育児に協力しなくてはいけなくなります。

ママがメインの育児ではなく、パパもママと同じくらい協力して育児を行うことで、子供もパパにしっかり懐き、パパも親としての自覚を得ることができます。

仕事を続けることで忙しさはありますが、夫婦が協力し合うという目標に向け、家族の絆も増えるのではないでしょうか。

3.出産後も社会とのつながりを持てる

産後子供と二人きりの生活を続けていると、気付かぬうちに塞ぎがちになり、社会とのつながりが立たれ、孤独を感じてしまうママも多数いらっしゃいます。産後仕事に復帰すると、社会に出て仕事を続けることで自分のキャリアアップにつながり、自信も持てます。

そこで無理にでも外に出て仕事を始めることで社会とのつながりや子育て以外の話題に触れることができ、自身もリフレッシュすることができます。近所やママ友達以外の人とのかかわりも持つことができ、孤立・孤独感は減ると感じる人もいるでしょう。

一度子育てから離れることで、新たな気持ちで子供と接することもできます。

産後仕事に復帰した場合のデメリット

産後,仕事,続ける,育児,両立

1.仕事がなかなかスムーズに進まない

産後仕事に復帰したからといって、出産前のようにバリバリ働くことができるわけではありません。保育園に預けた子供が熱を出したり、保育園の時間帯によっては仕事を途中で切り上げて退社しなくてはいけないことも多くなります。

ママによっては完璧に仕事がこなせないことや、同僚に迷惑をかけているかもしれないと感じることがストレスになる場合もあります。

2.子供との時間が少なくなる

仕事と子供の送り迎えをし帰宅後の家事や育児におわれます。とにかく忙しい毎日が続くと思います。日々成長していく子供の様子をじっくりと見れないこともあるでしょう。

専業主婦の方に比べ、保育園に預けて仕事に行く分どうしても子供と接する時間は短くなってしまいます。特に子供が小さいうちは罪悪感を感じるママが多いようです。

3.結局負担がすべてママにかかる

仕事復帰してもパパが育児に非協力的な場合、どんどんママへの負担は増えていってしまいます。仕事を始める前にパパとはしっかり話しておくことが大切です。

もしも産後すぐの復帰をしなければいけないのなら、体調にも気をつけなければいけません。

近くに両親や手助けをしれくれる人がいれば安心ですが、それがもし難しいなら、共働きの場合は夫婦のどちらかが仕事に支障をきたしてしまう場合があることも覚悟しなければいけません。

家族の協力がカギ

2人目,パパ,合わない

私個人的には可能であれば女性はどんどん社会に出るほうがいいと思います。それは女性の心の健康にもつながると考えています。

でも、それには家族の協力が不可欠です。自分にはどのような選択肢があるか、慎重に検討し、理想に近い人生設計を行いたいですね。

スポンサーリンク