スポンサーリンク

1歳児の鼻血の止め方は?慌てないためのポイント

小さい子どもは鼻血が出やすく、特に何をしているわけでもないのにいきなり鼻血が出て子どもだけではなくママも一緒に慌ててしまうことも少なくありません。

また鼻から大量に血が出ていると見ているだけでとっても不安になってしまいますよね。

今回はそんな小さなお子様の急な鼻血の止め方や、慌てなうために抑えておきたいポイントについて調べてみました。

スポンサーリンク

小さな子どもは鼻血が出やすい!

鼻血

急な鼻血に驚くママも多く、実際に私もわが子の鼻血に驚いて一瞬固まってしまいました。

しかし、小さな子どもは大人よりも鼻の粘膜が薄く、乾燥や気温の変化などで簡単に鼻血を出してしまうこともあります。

また興奮したり大泣きしたことも鼻血を出す原因につながりますし、小さなお子様は鼻の穴や鼻くそが気になって鼻をほじって自ら粘膜を傷つけてしまっている可能性もあります。

特に風邪をひいていたり、アレルギー性鼻炎の場合、鼻の中の血管が集まっている部分が敏感になり、ちょっとした刺激で出血しやすくなってしまいます。

また鼻炎により鼻もかゆくなり、子どもが鼻の中に指を入れてかいてしまうこともあるためさらに出血しやすくなってしまうのです。

そのため鼻血が出たからといってすぐに慌てることはなく、よくあることだと思って冷静に対処をしていきましょう。

鼻血が出たときの対処法

長時間のクーラーは避けましょう

まずは落ち着いて子どもを座らせてあげましょう。

横向きの状態のままにすると鼻血がそのままのどに落ちてしまい止まりにくくだけでなく、吐き気を催してしまいます。

小さなお子様の場合、鼻にティッシュや脱脂綿を詰めると息苦しくて嫌がり、さらに泣いたり暴れて鼻血も止まりにくくなってしまうので無理をせずに鼻血をティッシュで受け止めながら鼻血が出ている穴の小鼻を押さえてあげましょう。

目と目の間を保冷材や濡れタオルなどで冷やしてあげるとさらに鼻血は止まりやすくなりますよ。

このまま5分ほど頑張れば通常の鼻血はとまります。

それでも10分以上止まらない場合は耳鼻科に相談すればきちんと処置を行い、血管を収縮してくれる薬も処方してもらうことができます。

危険な鼻血の見分け方とは?

看護師さん

子どもは鼻血を出しやすいですが、それでも注意しなくてはいけない場合の鼻血もあります。

まずは鼻血の頻度があまりにも多いことです。

数時間後や数日後に何度も繰り返し鼻血が出るときは注意が必要です。

また鼻血は通常長くでも10分ほどで止まりますが30分以上鼻血が止まらないことも危険な場合があります。

さらに鼻血が出たときにぶつけてもいないのに体のあちこちにあざが多くできていたり、歯肉に出血が見える、また日々ぐったりしているなどの症状がある場合は他の病気の可能性もあるので一度病院で診察してもらいましょう。

病院では症状を話すと血液検査を行いすぐに診断することができますよ。

鼻血を出さないために普段から気を付けることは?

ティッシュ

1.子どもの爪を切る

鼻血の原因のほとんどは子どもの鼻ほじりによるものです。

しかしどれだけ注意しても見ていないところでこっそりやってしまうと意味がありません。

そこでまずは鼻の粘膜を傷つけないようにきちんと爪を切って、ダメージを減らしておきましょう。

2.加湿器を使用する

室内の乾燥も子供の粘膜を乾燥させ鼻血を出やすくしてしまいます。

特に冬はエアコンなどを使用して室内が乾燥しやすくなるので風邪予防のためにも加湿器を利用して湿度を保ちましょう。

3.お風呂で遊び過ぎない

子どもは水遊びが大好きでついついお風呂で長々と遊んでしまうこともあるかもしれません。

しかしお風呂でのぼせてしまったことが鼻血の原因につながってしまうこともあります。

お風呂の時間はきちんと決めて早めに切り上げましょう。

4.鼻水対策

鼻をかむことができない幼児のために鼻に詰まった鼻水や鼻くそを取り除くのもママの役目です。

しかし綿棒やこよりなどを使って鼻の中の鼻水を取り除くのは鼻の粘膜を傷つける原因になります。

また吸い取るタイプの鼻水対策もたくさん撮ることはできますが、その分粘膜にダメージも強く、鼻の粘膜が膨張し、鼻血も出やすくなってしまいます。

そのため少し粘り気のある鼻水が出ている時はティッシュを子どもの鼻の幅に折り、片側を子どもの鼻に当てながら反対側をスーッとしたに引いていきます。

すると鼻水がティッシュにくっついて鼻の奥に溜まった鼻水も無理なくきれいに取り除くことができますよ。

スポンサーリンク