スポンサーリンク

成長期の子どもに最低限必要な3つの栄養素とその役割

子どもに“健康でたくましく育ってほしい”と願うのは、すべての親共通のこと。

では、成長期の子どもに必要な栄養素とはどのようなもので、それぞれどんな役割を果たしているのでしょうか? そういえば昔、家庭科の授業で習ったような……なんていう記憶を思い起こしながら、一緒に確認していきましょう。


スポンサーリンク

成長期の子どもに必要な栄養素

男の子と女の子を産み分ける方法

1.たんぱく質

まずは、身体作りのベースとなる栄養素・たんぱく質です。肉や魚、卵などに含まれるたんぱく質は、人間の筋肉や皮膚といった組織の元となる成分であると同時に、人間が活動をする際に必要なエネルギー源ともなっています。

たんぱく質の持つ効能をしっかりと働かせるためにも、毎日一定量のたんぱく質をバランスよく摂取することが大切ですね。

2.カルシウム

次は、チーズや牛乳などに多く含まれるカルシウムです。

カルシウムはご存知の通り、骨を作るためには欠かせない栄養素で、特に成長期の子どもにとって大切な栄養素でもあります。

カルシウムを単独で摂取することももちろん良いのですが、実はカルシウムの効能をより発揮するためには、吸収を補うビタミンDの摂取や、適度な運動・睡眠なども必要。子どもの食生活だけでなく、生活習慣にも気を配ることが必要です。


3.ビタミン

先ほど、カルシウムの吸収を補う栄養素としても紹介したビタミンも、成長期の子どもには欠かせない栄養素です。

ビタミンにはさまざまな種類があり、それぞれが独自の効能を持っているのですが、基本的にビタミンは身体のバランスを整える役割だと思ってください。

たんぱく質や炭水化物のサポートをしたり、エネルギー作りのサポートをしたりするビタミンが不足している状態では、どんなに良質なたんぱく質や炭水化物などの栄養素を摂取しても、無駄になってしまうかも!?


成長期の子どもにはバランスの良い栄養が必要

成長期,栄養,効能

いかがでしたか? 今回は、成長期の子どもに必要な栄養素とその役割について、改めてまとめてみました。

こうやって見ると、たんぱく質は比較的容易に摂取できますが、カルシウムやビタミンは意識的に摂取しないと、成長期の子どもに必要な量を摂取することは難しいかもしれませんね。

子どもの栄養バランスが気になる方は、栄養補助食品などを取り入れるのもおすすめです。

GREEN MILK

スポンサーリンク