この夏手に入れたい赤ちゃんの熱中症対策グッズとは?

今年も、思った以上に暑くなりそうな夏に備えて、のために暑さ対策をしないといけません。

なかなか自分で体温調整ができない赤ちゃんのために、少しでも快適に夏を過ごしてもらうために、日中や夜に涼しくなる対策グッズを手に入れましょう。

スポンサーリンク

長時間のクーラーは避けましょう

長時間のクーラーは避けましょう

猛暑の中クーラーをつけずに過ごすことは危険ですが、だからといって、朝から一日中和魂をガンガンに効かせた部屋の中で過ごすのも、にとってはよくありません。

エアコンの効いた環境でずっと過ごすことで、汗をかきづらくなったり、自分で体温調整ができなくなってしまうのです。エアコンは25℃~28℃に設定し、夜はお休みモードにして使用しましょう。

また、一日中使用するのではなく、たまには外出して空気を入れ替える時間も設けることが大切です。

室内で使える暑さ対策グッズ

室内で使える暑さ対策グッズ

1.ゴザ

昔から使用されている暑さ対策グッズで、さらっとして触り心地で風通しもよくひんやり冷たいので、赤ちゃんもきもちよくすごすことができます。

香りもいいので、お休みの際気持ちよく眠ることができますよ。

2.Nクール

ニトリから販売されているNクールは、赤ちゃんにもとてもおすすめのアイテムです。ひんやりした触り心地で汗も吸収しやすく、速乾性で洗濯してもすぐに乾きます。

眠っている場所からころっと転がれば、またひんやりが持続するので、体の小さな子供には効果も抜群です。

サイズも多く販売されているので、子供のベッドのサイズに合わせたり、ママと添い寝の布団に合わせてもいいですね。ハーフケットも販売されているので、是非試してみてください。

屋外で使いたい暑さ対策グッズ

屋外で使いたい暑さ対策グッズ

1.保冷剤

ベビーカーに乗っている時や公園で遊んだ時など、赤ちゃんの体が熱くなってしまった時、さっと冷やしてあげることができる便利アイテムです。

体の後ろに差し込んでも使えるので、購入する際はジェルタイプのやわらかいものを選ぶことがおすすめです。

ハンドタオルに包んで、赤ちゃんが冷えすぎて痛くならないようにも注意しましょう。

2.ベビーカー保冷シート

ベビーカーに取り付けることができる保冷シートも、夏場は大活躍です。ポケットに保冷材を入れることもできるので、ぜひ合わせて活用していきましょう。

3.日よけ

ベビーカーの足元や頭につける日よけも、思った以上に赤ちゃんを涼しく過ごさせてくれます。

ベビーカーは地面から近い分熱を感じやすく、温度が上昇しやすくなってしまいます。まだ移動手段がベビーカーメインの方は、日よけを作って少しでも涼しく過ごしましょう。