スポンサーリンク

妊娠・出産にかかるお金と費用

妊娠がわかると幸せな気持ちと同時に、初めてのことなら、不安に思うこともたくさんありますよね。特に妊娠、出産にかかるお金と費用に関しては、はっきりと知る機会もなく、突然の妊娠なら、なおさら心配になってしまうかもしれません。

出産は、するまでどれくらいの費用がかかるのでしょうか。出産には毎月の健診や赤ちゃんを迎えるための準備費用、分娩時の入院費用などどれくらい必要になるか気になりますよね。

妊娠・出産にかかる費用についてまとめてみました。

スポンサーリンク

妊娠検診費

病院、診察、問診

妊娠すると、赤ちゃんや母体の状態を見るために、定期的に医師の診察を受ける必要があります。最初は1カ月に1度ですが中期から2週間に1度になります。

診察内容によっても費用は異なりますが、1回につき3,000円から5,000円で、検査が多い日は1万円程です。回数が多くなればそれだけ費用もかかってきます。保険が利かないため高額です。

順調に妊娠生活を送った場合でも、妊娠検診は13回から15回ありトータルで10万円前後費用が掛かるといわれています。

しかし、今はほとんどの自治体で妊娠検診の費用を助成しているため、妊娠届け出を出せば基本的な助成項目は負担免除されます。自治体によっては、無料で受けられる健診もあるので、母子手帳を受け取ったらしっかり見ておきましょう。

平均的な自己負担額は44,000円ほどと言われています。

ただし、緊急に病院へ行くこともありますから、余裕をもっておくべきです。私の場合、安定期までに2週間に一回の健診があったので一ヶ月1万円ちかくかかりました。また、出産が近づくと毎週通うことになったので、かなり費用が要りました。

母親学級やその他レッスン

健診,分娩,出産準備

母親学級は、市や病院が実施している場合が多いため基本的には無料で参加することができますが、中には1回につき1,000円から2,000円ほど費用が掛かる場合もあります。

マタニティー期には、ヨガやスイミングなど、自分が参加するレッスンによって費用はかかってくるので、きちんと確認することが必要です。

ベビー用品

健診,分娩,出産準備

赤ちゃんが産まれることによって必ず必要なのは、ベビー用品です。衣類やベビーベッド、ミルク、オムツ、哺乳瓶など、今まで家にないものを大量に購入する必要があります。

しかし、全部一気に購入すると後で使わなかったということもあるので、少しずつ買い足すようにしましょう。病院で無料でもらえるものもあるので、確認も必要です。

できるだけコストを抑えるなら、おさがりやレンタルを利用するなどの工夫をする必要もあります。

分娩・入院費

赤ちゃんが生まれるまでの時間

分娩・入院には、平均で30万~70万のお金がかかるといわれています。通常の分娩の場合、健康保険は適用されないため自費で賄う必要があります。

しかし健康保険に加入しているのであれば、出産育児一時金が給付され、1人につき42万円が支払われます。そのため、実際の負担はそれを差し引いた額になります。42万円を超える病院は少ないので実質無料もしくは差額がプラスで返ってきます。

ただし、出産育児一時金は、手続きをしてからなので、やはりお金は十分に用意しておいたほうが良いです。突然の出産で用意できていなかったとなると大変です。自治体により一時金と別に給付金が出るところもあるので、安心して出産を迎えられるよう準備しておきましょう。

病院によっては、病院に直接出産一時金が支払われる直接支払制度が導入されている場合もあり、分娩・出産費用を満額用意できない場合でも安心して出産に臨むことができます。

また、個人病院と公立病院ではかなり費用に差が出る場合もあります。大学病院なら30万円以下、個人病院では40万~60万と幅が広いようです。あらかじめどれくらいの金額になるのかは、出産前に確認する必要があります。