スポンサーリンク

無痛分娩って本当に痛くないの?その方法とリスク

出産の方法として、無痛分娩という選択肢もあります。最近話題になっている無痛分娩は、出産時の痛みを軽減できると多くの方から注目を集めています。

無痛分娩とは、文字通り陣痛などの痛みを和らげる方法ですが、本当に痛みはないのでしょうか。出産の痛みをどの程度抑えることはでき、そのリスクはどのようなものなのでしょうか?

今回は、そんな無痛分娩について調べてみました。

スポンサーリンク

無痛分娩とは?

妊活,妊娠したい,基礎体温,付け方,測り方

無痛分娩とは、その名の通り出産時の痛みを麻酔によって軽減することができる出産法です。

麻酔を利用するといっても、分娩中に眠ることはないため、自分の力でいきみながら出産し、出産後もしっかりと赤ちゃんの姿を確認し抱っこしてあげることもできます。

海外では無痛分娩が主流になっている国も多くあります。

無痛分娩の方法

無痛分娩、痛み、リスク

無痛分娩の方法には「硬膜外麻酔」と「点滴麻酔」があります。

硬膜外麻酔は背骨の付近にチューブを通して麻酔薬を注入する方法です。

最初に背骨付近に注射する際は少し痛みを伴います。その後は麻酔薬を注入するだけなので、痛みはありません。時間や経過を見ながら適度に間隔をあけて注入されます。

点滴麻酔は静脈から麻酔薬をいれます。事前の処置が簡単な方法なので急遽、無痛分娩に切り替える際など用いられやすい方法です。

無痛分娩って本当に痛くないの?

妊娠,おりもの,増える

無痛分娩は、全く痛くないというわけではありません。病院によっては、子宮口がある程度開くまでは通常の分娩と同じく、陣痛の痛みに耐える必要があります。

また、麻酔の効き目も個人差があるので、体形や体質によっては、あまり効果を感じることができなかったという方も中にはいらっしゃいます。しかし、多くの方が、無痛分娩によって出産の痛みを軽減できたと実感しているのは確かです。

無痛分娩を体験した私自身、痛くなかったということはありません。産院によって違いはあるかと思いますが、私が出産した産院は、子宮口が5センチ開くまでは陣痛に耐えなければならないという決まりでした。

それまで5〜6時間は陣痛に耐えました。ただ、麻酔薬の注入が始まってからは陣痛は全く感じられません。3分おきくらいにきていた陣痛も感じなくなり、1時間ほど仮眠を取ることも出来ました。

麻酔を入れると耐えられないほどの痛みを軽くすることで、よりいきみやすくなりスムーズに出産を終えることもできます。

さらに、疲労感も少なくなるので、出産後も体調が回復しやすい傾向にあります。

無痛分娩のリスク

病院、医師、カウンセリング

無痛分娩は麻酔を使うので、稀に麻酔によるトラブルがあります。麻酔トラブルは最悪の場合、母子ともに命の危険を脅かす可能性もあります。

また、痛みが弱まることで陣痛も弱まり、陣痛促進剤を使用したり、赤ちゃんを吸引する可能性も高くなってしまいます。

私の場合も、陣痛は弱まってしまったので促進剤を打つことになりました。そしていざ出産となった時も、麻酔をしている為、いきむ力が弱くなるリスクはあります。何度いきんでも産まれなかった場合、赤ちゃんを吸引することになります。

自然の力だけで出産をしたいと考えている人にとっては、促進剤を打ったり、赤ちゃんを吸引することがリスクと思えるかもしれません。

でも、お母さんの体はリラックスでき、産後も体調が戻るのも早いので、年齢や状況に応じて無痛分娩も出産方法の選択肢の1つと思います。

無痛分娩と医療費

給付金,手当金,出産育児一時金

メリット、デメリットがある無痛分娩ですが、通常の出産よりも医療費が高額になってしまうため、10万円ほど自己負担がかかります。

これらのリスクをふまえた上で、しっかりと医師と相談し、万全の端正でお産に挑めるように準備を進めていきましょう。

妊娠がわかると幸せな気持ちと同時に、初めてのことなら、不安に思うこともたくさんありますよね。特に妊娠、出産にかかるお金と費用に関しては、はっ...
出産予定日が近づいてくると、もうすぐ赤ちゃんと会えるのかとワクワクする一方、不安もあるのではないでしょうか? 特に初めての出産ならば、...
初めてのお産は、誰でも不安なもので特に出産にどのくらいの時間がかかるのか、非常に心配ですね。 特に初めての出産は年齢にもよりますし、骨...