スポンサーリンク

妊娠・出産で戻ってくるお金

妊娠はとても幸せなことですが、お金がかかってしまうことでもありますよね。

そこで今回、少しでもその経費を抑えるために使える制度をいくつか紹介させていただきます。

きちんと申請することで、妊娠・出産で戻ってくるお金やもらえるお金があるので、是非利用してみてくださいね。

スポンサーリンク

出産育児一時金

給付金,手当金,出産育児一時金

出産時には、病院によっても異なりますが、ある程度のまとまったお金が必要になります。

そして出産は病気ではないため、保険は適用されません。突然の妊娠の場合、出産費用を用意するのが大変になってしまう場合もありますよね。

しかし、今出産費用をサポートしてくれる出産育児一時金という制度があり、健康保険に加入していればお子様1人に対して、42万円健康保険後から支給してもらうことができます。

もし、最初にまとまったお金を用意することが大変ならば、直接支払制度を取っている病院を選べば最初から差額分だけを払えば済みますよ!

出産手当金

妊活,妊娠したい,基礎体温,付け方,測り方

勤務先の健康保険に入っている中で妊娠が発覚し、さらに産後も職場復帰をすることが決まっている場合、給料の3分の2の金額が休んだ日数分支給されます。

産前42日、産後56日までまでの98日間の給与が対象となります。

医療費控除

薬、薬局、お薬手帳

1年間の医療費支払いが10万円以上になった場合、確定申告で税務署に申請するとお金が戻ってきます。

妊娠中の診察も対象になるため、妊娠がわかったらすべてのレシートや交通費もしっかりメモして記録に残しておきましょう。

傷病手当金

本、漫画

妊娠中のトラブルで会社を休んでしまう場合、健康保険から日給の3分の2の保険が支給されます。

意外と知られておらず、妊娠中に活用する方が少ないため、是非覚えておきましょう。

失業給付金

出産、パパにできること

妊娠により退職した場合、雇用保険からもらえる失業保険です。

給料の6割相当が支払われるため、是非、利用しましょう。

高額医療費

病院、医師、カウンセリング

出産の際トラブルがあり帝王切開や、入院を行った場合はこの制度を利用できる場合があります。

事前にわかっている場合はあらかじめ申請が可能ですが、まずは病院側に確認を取ってみましょう。

上手に利用して、お金のストレスを軽減

初めての育児、ストレス

妊娠出産は、自分が思っているよりもずっとずっとお金がかかるものです。

しかし、こういった給付金を上手に活用することで、少しでも負担を減らすことが出来ます。これから赤ちゃんを出産する方、妊娠を考えている方の参考になればと思います。