スポンサーリンク

前もって知っておきたい出産の始まるサイン

出産予定日が近づいてくると、もうすぐ赤ちゃんと会えるのかとワクワクする一方、不安もあるのではないでしょうか?

特に初めての出産ならば、出産の始まるサインはどんなものかもわからず、心配になりますよね。

そこで今回は、出産前に知っておきたい、出産の始まりを知らせるサインについて調べてみました!

スポンサーリンク

おしるし

妊娠、出産のサイン

おしるしとは、出産前に少量の出血が見られることです。赤ちゃんを包んでいる卵膜が子宮からはがれることで起こります。子宮口が少し開いたり、子宮の収縮があり出血するといわれています。

出血量には個人差がありますが、おりものに血液が少量混ざっているものとよく言われますが、中には生理の始まりと同じくらいの出血量の方もいます。おしるしに気が付かなかったという人も少なくありません。

妊娠中の出血に不安になるかもしれませんが、出血がいつまでも止まらなかったり、出血量が多すぎたりしなければ、あわてて病院へ行かなくても大丈夫ですよ。

おしるしが出たからといってすぐに入院というわけではありません。おしるしが確認出来た後に陣痛が来るので、その陣痛が10分間隔になったら病院に連絡しましょう。

ただし、おしるしの出血量が生理より多かったり、いつまでも出血が止まらない、痛みを伴う場合はすぐに病院に連絡をしましょう。

陣痛

出産と聞いて一番イメージが強いのが、この陣痛ではないでしょうか。赤ちゃんを出産するための子宮の収縮による痛みが陣痛なのですが、どうして陣痛が起こるのかははっきりとわかっていません。

また、本格的な陣痛の前に「前駆陣痛」が起こることがあります。

前駆陣痛

本陣痛と比べて痛みはそれほど強くなく、間隔はバラバラです。「陣痛かもしれない」と感じたら、まずは間隔を測って本陣痛か前駆陣痛か見極めるようにしてみてくださいね。

初めてのお産の場合本陣痛か前駆陣痛かわかりにくいかもしれませんが、前駆陣痛の場合は体勢を変えるとおさまったり、痛みが弱く合間に眠ったり家事をすることができます。中には痛みがなくおなかの張りや不快感があるだけの場合もあります。

この前駆陣痛を利用して、間隔を測る練習をしてみるのもいいかもしれません。

本陣痛

本陣痛は、痛みが強く規則的に痛みの周期があります。さらに間隔がだんだんと短くなってきます。

陣痛が10分間隔で繰り返されるようなら、本格的なお産が始まったサインです。出産を予定している病院へ連絡をするようにしてくださいね。

経産婦の場合は、お産が早くに進む傾向があるので、15分間隔になったら病院へ電話をしてみましょう。10分間隔になったら病院に連絡をしてから入院グッズをもって病院に向かいましょう。

前期破水

赤ちゃんを包んでいる卵膜が破れ、羊水が体の外に流れ出ることを破水と呼びます。

子宮が全開になることで起こることが多いですが、陣痛の前に破水が起こってしまうことがあります。こが「前期破水」です。

痛みもなく破水も少しずつ起こる場合もあるので、尿漏れかどうか判断がつきにくい場合もありますが、一度医師に相談し、どうするべきか指示を仰ぎましょう。

破水した場合80~90%が24時間以内に陣痛が起こるといわれています。

前期破水が起こると、赤ちゃんが細菌に感染してしまう危険があります。そのため、もし破水が起こったかもしれないと感じたら、すぐに病院へ連絡し、医師の判断を仰ぐようにしましょう。

出産の始まるサインを見逃さないで

出産予定日が近づいてくると、お産の兆候に気づくことができるのか、不安に感じてしまいますよね。

今回紹介したサイン以外にも、強い眠気や便秘、骨盤の痛み、胎動の減少など、さまざまなサインがありますので、見逃さないようにしましょう。

そして、出産の予定日か近づいて来たら、いつでも病院に連絡できるように、連絡先を携帯するのはもちろん、入院セットなども用意しておくと心強いですよ。