出産のときに男性(パパ)ができること-サポートと準備

いよいよ出産予定日が近づいてきた、というとき、パパには何ができるでしょうか。男性は、赤ちゃんを産むことはできませんが、出産のためにママをサポートすることができます。

具体的にパパにできることにはどんなことがあるのか、まとめてみました。

スポンサーリンク

出産前にできること

出産、パパにできること

出産予定日が近づいて来たら、いつでも陣痛が始まってもよいように入院セットを用意しておきましょう。

実際に陣痛が始まってしまうと、ママは赤ちゃんを産むことに専念します。そのため、身の回りの用意や病院までの車の手配などをしてもらえると、ママはとても気が楽です。

予定日が近づいたらできるだけママの近くにいるか、連絡のつきやすい状態にしておきます。

いよいよ出産!

保湿だけではダメ?妊娠線ができる原因と予防方法を考える

中には、立ち合い出産を予定している方も多いのではないでしょうか?

しかし、男性は、思っている以上に、出産について何をどうしていいのかわからないことだらけです。そこで今回は、出産時に男性ができることを紹介していきます。

いざというときにあたふたしないように、事前に夫婦でやって欲しいことをしっかりと話し合っておきましょう。

出産時にできること

妊活,栄養素,食べ物

男性は出産を経験することができないので、分からないことがたくさんあると思いますが、側にいて背中をさすったり手を握ったりしてくれるだけでも奥さんは心強いものです。

立会い出産でのメリットは、産まれたばかりの我が子を抱っこした時に感じる感動や、パパになったという自覚を感じられることでしょう。

男性は子供を産めないので、パパになったと言う自覚がなかなか持てないのが現状です。しかし、赤ちゃんの時からお世話をしていくことで、次第に父親としての自覚も出てくるはずです。赤ちゃんの時から育児に参加して、夫婦で子育てしましょう。

マッサージ

陣痛は長時間にわたります。パパは痛みに耐えるママの体を少しでもいたわれるように、しっかりマッサージをしてあげましょう。

助産師さんに聞いて、その時に合った方法をチョイスしていきましょう。テニスボールなどを使用した、いきみ逃しも積極的に手伝ってあげましょう。

飲み物を飲ませてあげる

陣痛が強くなってくると、ママは思うように体を起こすこともできません。そんな時は、代わりにパパが飲み物を取ってママに飲ませてあげましょう。

きっとママの口調も強くなっているかもしれませんが、そこは大目に見てあげてください。

呼吸を一緒に整える

出産は、どうしたって数分おきに襲ってくる痛みで冷静でいられることができません。だからこそ、助産師さんが繰り返す呼吸法をパパも一緒に繰り返してあげましょう。

ママはきっと、助産師さんの話が耳に入らないくらい必死なので、そこはパパがしっかり話を聞いてママに伝えてあげてください。

時間の管理

陣痛の間隔も後半になると、中には自分で管理できなくなるママもいるかもしれません。その時は、是非パパも協力して測ってあげましょう。

また、ママはあとどれくらいで赤ちゃんが産まれるのかが不安でたまりません。できるだけ前向きな言葉で励ましてあげましょう。

荷物管理

陣痛が起こると、ママは自分のこと以外は何も目に入らなくなってしまいます。特に陣痛室から分娩室に移動する際は、自分の体をそこに移動することだけで頭がいっぱいです。

その時に必要な荷物の管理や移動は、パパがしっかり責任をもって行ってください。

出産直後にできること

仕事と育児の両立

産後の母親の体はとても体力を消耗しています。少しでも体を休める様に身の回りの事をやってあげましょう。夜中の赤ちゃんの授乳を母親の代わりに起きてミルクをあげてあげたり、特に家事は率先してやってあげると良いと思います。

今の社会は昔と違い核家族が増えています。そうした、家庭では母親だけで家事と育児をしなくてはならない状態は危険です。

育児ノイローゼや虐待を引き起こしてしまう恐れがあります。両親と離れて暮らしていて、頼れるのはパパだけと言う家庭も少なくないと思います。ぜひ、夫婦で協力して子育てしていきましょう。

出産後仕事を再開するべきか、専業主婦として生活していくべきか悩む女性は多くいます。共働きの場合も専業主婦の場合もそれぞれにメリットとデメリッ...
初めての赤ちゃんがお腹に授かったら、「これから何を揃えればいいの?」と分からないことがいっぱいあるかもしれませんね。 マタニティグッズ...
ママに比べて、どうしてもパパは育児参加がおろそかになってしまいがちです。しかし、子供のためにもママのためにも、是非そこは頑張ってパパにも積極...
スポンサーリンク