台所のシンクが詰まった時の対処法

油汚れや取り切れなかった野菜くずなど様々なものが原因となって、気を付けていたはずなのに台所のシンクが詰まってしまうことはどの家庭にも起こりうることです。

台所の水が流れなくなってしまうと日々の家事はすごくやりづらくなって、不安になることもあると思いますが、業者に相談する前に自宅でも簡単にできる対策がいくつかあります。

今回はそんなシンクが詰まったときにできる対処法をいくつか紹介していきます。

スポンサーリンク

まずは徹底的に排水溝の掃除を使用

シンクのつまりは排水溝に汚れがたまっている可能性が非常に高いです。

そのためまずは排水溝の汚れを徹底的に除去していきましょう。

最初に排水溝に溜まった野菜くずやその他のごみを捨てます。

普段からネットを使用するとより簡単にごみを捨てやすくなります。

次にゴミ受けのカゴ、さらにはトラップも外して洗っていきます。

ぬめりはスポンジで、細かい部分は歯ブラシを使って洗いましょう。

排水管回りも掃除しますが、手が届きにくい場合はお酢と重曹をかけるときれいい汚れを落とすことができます。

仕上げに70~80度くらいの熱湯をかけて、排水管にパイプユニッシュを使用してつまりをとれば完成です。

掃除をしても解消しないつまりはタオルとお湯だけ解消

タオルとお湯を用意するだけで特別な道具は必要なく、さらに効果も高いので、うまくいけばこの方法だけでシンクのつまりを解消させることもできるかもしれません。

まずは排水溝のトラップを取り出して、排水溝の出口を露出させます。

次に排水溝の出口にタオルを詰めていき、後から引っ張り出せるように最後の部分は長く出しておきます。

シンクに70~80度くらいのお湯を6割くらいためて、タオルを抜き、一気に流し込んでいきます。

これ以上高い温度のお湯を使用すると、シンクの排水溝に使われている塩ビ素材が変形する恐れがあるので注意しましょう。

つまりが悪くなった程度ならこの方法で解消する可能性が高いですが、完全に詰まってしまっている場合はもちろんためたお湯も流れないのでやめましょう。

ラバーカップを使って排水溝の汚れを剥がしとる

トイレの横などにおいてあるラバーカップを使ってシンクのつまりを解消する方法です。

ラバーカップはホームセンターや100円ショップなどで購入することができますが、シンクの排水溝の大きさに合わせてなるべく小ぶりなものを購入することがおすすめです。

まずは排水溝の掃除を行い、ゴミ受け、トラップをはずした状態で排水溝の出口を露出させます。

そこにラバーカップを当てて、水をラバーカップの半分ほどため、排水溝に押し付け離すことを繰り返しましょう。

こうすることでシンク内の水が排水管を逆流し、詰まった汚れをはがしとっていくことができます。