洗濯機をきれいに使おう!汚れの原因や掃除方法

毎日の洋服やタオルなどをきれいにするために欠かせない洗濯機ですが、毎日使うことで洗濯機自体にも汚れがたまってしまいます。

汚れを放置したままの洗濯機で洗濯を続けていると、選択したはずの洋服やタオルにかえって雑菌やカビがついて嫌なにおいの原因になってしまうこともあるんです!

今回はどうして洗濯機が汚れてしまうのか、また洗濯機を簡単に掃除する方法などをまとめてみました。

スポンサーリンク

洗濯機の汚れの原因は?

洗濯機

洗濯機は毎日使用することで洗濯に使う洗剤や柔軟剤のカスがこびりついたり、水垢が残ってしまいます。

また衣類についた皮脂汚れも洗濯機内に残り、放置することで雑菌が繁殖し黒カビの原因になってしまうのです。

ステンレス槽は樹脂に比べて確かにカビにくくできているもののほとんどの洗濯機は洗濯槽内に無数の穴が開いており、そこに洗剤かすなどが付着しやすくなります。

さらに使用していない間は蓋を閉じていることも多く洗濯機内の湿度が高まり、雑菌も繁殖しやすくなってしまうのです。

この雑菌やカビはにおいの元だけでなくアレルギーを引き起こす場合もあるため、お子様がいるご家庭ではさらに注意して洗濯機を清潔に保っていく必要があります。

洗濯機の掃除のタイミングは?

汚れがたまりやすい糸くずフィルターなどは使うたびに掃除をしましょう。

糸くずがたまったままにしておくと洗濯物にも汚れが付着しやすくなり、雑菌も繁殖しやすくなります。

またひどい場合は糸くずやほこりが脱水ホースを詰まらせて脱水できなくなってしまったり詰まりの原因になってしまいます。

そして洗剤投入口が取り外せる場合は毎回さっと水洗いだけでも行えば頑固な汚れを防ぐことができますよ。

洗濯槽内や外側の汚れは時間をかけて付着していくので月に1回ほどの掃除で洗濯機内をきれいに保つことができます。

糸くずフィルターの掃除方法

糸くずフィルターの掃除はとっても簡単です。

フィルターを取り外して中に詰まっているゴミやほこり、髪の毛などを取り除いていくだけです。

いらなくなった歯ブラシを利用すればよりきれいに簡単に汚れを落としていくことができますよ。

洗剤投入口の掃除方法

洗剤投入口は洗剤や柔軟剤を投入する部分で、頑固な洗剤カスが付着していることが多い部分です。

取り外せるタイプは取り外した状態で掃除を行いましょう。

取り外せない場合はまず洗濯槽内を殻にしてから、目に見える洗剤カスをいらない歯ブラシや綿棒などを使って取り除いていきましょう。

仕上げに汚れをダスターで磨いて完成です。

つまりが感じられる場合は洗濯投入口に50~60度くらいのお湯を100㏄投入し洗剤カスを溶かしていきましょう。

そのあとは普通に洗濯を行ってOKです。

洗濯機の内部や外側の掃除方法

洗濯機内部の掃除は洗剤や重曹を使って行います。

洗剤や重曹を入れたのちしばらく時間をおいて内部の雑菌を浮かせて落とすため、洗濯機を使わなくてもいい日に行っていきましょう。

1.糸くずネットを取り出す

糸くずネットが入ったままの状態で行うと中にまた糸くずやごみが散らかってしまうので、掃除の前にあらかじめ糸くずネットを取り出しておきましょう。

取り出したらついでに糸くずネットもきれいにしておきましょう。

2.洗濯槽内にお湯をためる

洗濯槽内に40~50℃くらいのお湯を満水になるまでためていきましょう。

やや暖かい温度のお湯を注ぐことで洗剤や重曹の効果が高まり、洗濯槽内に繁殖する雑菌やカビを効果的に除去していくことができますよ。

3.重曹や洗浄剤を入れる

アルカリ性で油汚れやカビを効果的に除去していくことができる重曹、強い発泡作用で汚れをはがしながら落としていくことができる酵素系洗浄剤を加えていきます。

どちらも洗濯槽を気づつけることなく安心して使うことができます。

酵素系洗浄剤は記載のある通りの分量を投入し、重曹は1カップ200gを入れていきます。

汚れのしつこさによって量は少々調整しても構いません。

4.洗濯機を回して時間を置く

洗濯槽を回して汚れをはがしていきます。

洗濯機によっては洗濯槽洗浄コースや遠心力コースなど選ぶことができます。

洗浄が終わったらすぐに脱水するのではなく、5~6時間ほど水をためたままの状態で放置しておきましょう。

5.放置後はゴミをすくう作業を繰り返す

放置後はもう一度洗濯機を回して沈んだごみを浮かべ網を使ってすくいます。

これをゴミが見えなくなるまで繰り返し、最後に再び糸くずフィルターをセットして脱水をかけます。

脱水が終わったら内部が乾燥するまで蓋は閉めないように注意しましょう。

スポンサーリンク