自宅でできる基本的な衣類の染み抜きのやり方

気を付けていてもジュースや食べ物などがこぼれて衣類についてしまうことは少なくありません。

特に小さな子どもがいるとなんでも自分でやりたがり、頻繁に衣類が汚れたり、外出先でも大きなシミを作ってしまうこともありますよね。

頑固なシミは普通の洗濯だけでは落としきることができず、お気に入りの洋服がダメになってしまうことも・・・

そこで今回は自宅でできる簡単な染み抜きの方法について調べてみました。

スポンサーリンク

洋服の染み抜きは時間が勝負!できるだけ早めに処理しよう

洋服にシミができてしまった場合は、シミがついてからどれだけ早く処理できるかによって楽に落とすことができるかが変わってきます。

早く処理ができれば水だけでも落としきることが可能です。

まずはシミの部分を水洗いしていきます。

それでも落ちないのであれば中性洗剤を使ってもみ洗いをしていきましょう。

中性洗剤には食器用の液体洗剤がおすすめですが、手もあれやすいのでゴム手袋などで手をカバーしながら行いましょう。

また衣類によってはもみ洗いで傷ついてしまうこともあるので、その場合は叩き出すようにして汚れを落としていきましょう。

中性洗剤で汚れを落としたら最後に水ですすぎをし、通常の洗濯と一緒に洗いましょう。

しかし中性洗剤だけでシミを落とすことができなければ衣類用漂白剤を使用していきます。

間違って台所用漂白剤を使うと、衣類の色落ちもしてしまうので間違えないようにしましょう。

また漂白剤を使うとシミも落ちますが衣類も傷みやすいので、デリケートな衣類の場合は注意しながら使ってください。

外出先での緊急シミ抜きも効果的

外出先でシミができてしまった時はできるだけスピーディーに応急処置をするだけでもその後のシミのしつこさが変わってきます。

まずはシミができてしまった部分を乾いたティッシュやタオルなどでこすらないように抑えて水分を吸い取ります。

こうすることでジュースや食べ物のシミが深く浸透するのを避けることができます。

次に、水をシミの部分にかけてシミの濃度を薄めていきます。

余裕があるのであれば表にティッシュを当て裏から表へ叩くように水分を吸い上げていくとさらにシミを薄くすることができます。

外出時にこれだけの処置を行うだけでうまくいけばシミ自体を目立たなくすることもでき、家に帰ってからの本格的なシミ抜きも簡単に済ますことができますよ。

布団についてしまったシミも同様に処理できる

布団やマットについてしまったジュースや食べ物などの汚れもこれらを応用して処理することができます。

ただし布団は全体を丸洗いできないのでシミができてしまった部分を中心に、水、中性洗剤、乾いた布の順で叩きながら汚れを吸い上げていきます。

シミより少し大きめの範囲を湿らすことで輪ジミを防ぐことができます。

その後外にしっかり干して乾かせば完成です。

湿った状態のままだとカビが発生しやすくなるので、できるだけ天気のいい日に行うか、ドライヤーを使って乾かしてくださいね。

スポンサーリンク