手作りのガーランドでお部屋をもっとかわいく!

誕生日やクリスマスなど様々な飾りつけで使いやすいガーランドは普段のお部屋の飾りつけにもとっても便利です。

お部屋がなんだか物足りないと感じている方はさっとつけるだけですぐにお部屋が華やかになりますよ。

ネットや100円均一でも購入することもできますが、自分で作ればさらにオリジナルデザインの素敵なガーランドを楽しむことができます。

今回はそんな手作りのガーランドを作る方法について調べてみました。

スポンサーリンク

そもそもガーランドとは?

誕生日パーティデコレーション

ガーランドは勝利・栄光を意味してつける花輪や花冠の意味で花や葉っぱをつなげて部屋のドアや壁などに飾っていたのが始まりです。

最近では花や葉っぱだけでなく様々なオブジェをつなげて縦や横に並べてデザインを楽しみます。

一般的なのは三角形のフラッグをつなげたフラッグガーランドで、今では多くの方が気軽にインテリアに取り入れることができるようになりました。

また写真やフェルトなど様々な素材を使って自分のオリジナルのガーランドを作る方も増えてきています。

特別な日の飾りつけや普段のインテリアとしても幅広く楽しんでいきましょう。

ペーパーナプキンを使ったガーランド

忙しいけどぱっとお部屋を華やかにしたい!という方におすすめなのがこのペーパーナプキンをつかったガーランドです。

ペーパーナプキンを三角形に折り込みながら紐を入れてホッチキスで止めていきます。

何種類かのペーパーナプキンで作ればさらに華やかにかわいく作ることができますよ。

余った布を使ったガーランドづくり

ガーランド手作り

家に余った布があって困ってはいませんか?

そんなときは是非ガーランドを作ってみましょう。

基本的なものは四角形に切った布に紐を挟みながら三角形に整えてボンドで止めていけばオリジナルのフラッグガーランドの完成です。

他にも長めに切った端切れを紐を中心に結んでいくだけでリボンガーランドを作っていくこともできますよ。

フェルトを使ったガーランドづくり

フェルトは切りっぱなしでも糸のほつれが気にならないので手芸が苦手な方でも簡単に作ることができ、さらにお子様と一緒に楽しんでガーランドを作ることができます。

三角の形にフェルトを切ってつなげていくだけでもいいですし、丸や好きなモチーフに形を切ってつなげていくのも素敵です。

立体的にフェルトを作ったり、一つ一つのフェルトモチーフに綿を入れてマスコットにしてからつなげても面白いですよ。

タッセルを使ったガーランドづくり

おしゃれ女子がファッションや小物に取り入れているタッセルをつなげるだけでもかわいいガーランドを作ることができます。

大きさやカラーでいろんな雰囲気のガーランドを楽しむことができますよ。

タッセル自体も刺繍糸や毛糸をつくって簡単に手作りすることができるのでぜひ挑戦してみたいですね。

折り紙を使ったガーランドづくり

小さいころに遊んだことがある折り紙でもガーランドを作ることができます。

簡単に折ることができる鶴や風船をつなげるだけでもOKですし、折り紙を工夫して星やハートの形に仕上げてからつなげれば一見折り紙には見えない仕上がりにびっくりします。

折り紙の柄によっては和柄の一見変わったガーランドを作っていくこともできますよ。

モチーフをつなげたガーランド

ハートのガーランド

イベントシーズンになると様々なモチーフが販売されていますが、そんなモチーフをただ繋げるだけでもかわいいガーランドを作ることができます。

クリスマスにはサンタや星、トナカイ、松ぼっくりなどをメインにつなげていくと一気にクリスマス風のガーランドを作ることができますし、ハロウィンにはかぼちゃやおばけ、ドクロなどをつなげてみましょう。

イベントに合わせてオリジナルのガーランドを楽しめます。

写真を使ったガーランド

家に眠っているお気に入りの写真もガーランドにすればおしゃれに部屋に飾っていくことができます。

フレームに入れてからつなげる方法やクリップでそのまま写真をとめてガーランドに仕上げていく方法も素敵です。

写真だけではなく途中に端切れやモチーフ、リボンなどを組み合わせていくとさらに完成度が高まっていきますよ。

毛糸を使ったガーランド

手作りガーランド

手芸が得意な方は是非その才能を生かしてよりオリジナリティあふれるガーランドづくりに挑戦してみましょう。

毛糸を使ってモチーフを作り、それをつなげていけば温かみのある手作りガーランドを作ることができます。

また毛糸で小さなあみぐるみを作ってからガーランドを作れば子供部屋にもピッタリですよ。

スポンサーリンク