スポンサーリンク

保湿だけではダメ?妊娠線ができる原因と予防方法を考える

赤ちゃんを妊娠してママになる準備をするのは、ワクワク楽しい瞬間ですよね。でも、気になるのは妊娠線です。妊娠線は一度できてしまうと、消すのはとても難しいといわれています。ですから、妊娠中から予防しておくことが大切。

そんな妊娠線の予防には、主に保湿ケアが効果的だといわれていますが、実はそれだけではダメなんです。

それはなぜなのでしょうか。妊娠線ができる原因を把握して、正しい対策方法を考えます。

スポンサーリンク

妊娠線ができる原因

保湿だけではダメ?妊娠線ができる原因と予防方法を考える

妊娠線は、体重増加による皮膚の急激な伸びと乾燥により、皮下組織が断裂することでできてしまします。大切な赤ちゃんを身ごもることでできてしまう妊娠線、やはり女性としては悲しいですよね。

そもそも、皮膚は、外側から「表皮→真皮→皮下組織」という構成になっています。

皮膚の表面は一緒に伸びることができますが、その下にある真皮や皮下組織の一部であるコラーゲン、弾性線維は急激な伸びについていけないのです。酢のために皮下組織が断裂し、妊娠線が残ってしまうんですね。

妊娠線対策の方法

産後のぶよぶよお腹を引き締める方法

妊娠線対策の方法は、主に次の2つのアプローチで行うのがおすすめです。

体重コントロール

体重変化によりできてしまうのが妊娠線です。ですから、急激に体重を増加しないようにすることで、妊娠線を予防できるはず。そのためには、バランスよく食事をすることが大事ですね。

保湿すること

お肌は乾燥すると、弾力性や伸縮性が失われてしまいます。そのため、妊娠線もできやすくなってしまうんです。

保湿ケアは、妊娠初期からこまめに行うことが大切です。体重が増加する前、肌トラブルの出る前から保湿ケアを行いたいですね。

妊娠線対策におすすめアイテム

妊娠時の肌トラブルケアには「ベルタマザークリーム」がおすすめです。

妊娠線ができるメカニズムを研究して開発されたアイテムです。こだわりの成分がたっぷりと配合されていて、多くの女性に支持されてきました。

ベルタマザークリームのこだわりの成分

  • シラノール誘導体
  • オーガニック原料5種類
  • コエンザイムQ10
  • ヘスペリジン
  • 葉酸
  • 美容成分3種類
  • アミノ酸・ビタミン5種類

保湿+体重ケアで妊娠線を予防しよう



保湿ケアはできるだけ早い段階から始めることをおすすめします。

できるまえに予防することが大切な妊娠線対策。ベルタマザークリームで肌を徹底的に保湿ケアをしながら、体重コントロールで妊娠線予防しましょう。