スポンサーリンク

妊娠中のカフェインがおすすめできない理由

妊娠中にはカフェインを控えなければいけない、という話を聞いたことはありませんか?

多くの妊婦さんが、妊娠とわかるとコーヒーやお茶などカフェインが含まれるものを避けるようになりますが、それは一体どんな理由があるのでしょうか?

実際にカフェインを飲んだ時に起こるママと赤ちゃんへの影響について調べてみました。

スポンサーリンク

流産のリスクが高まる

妊娠,カフェイン,理由

妊娠中にカフェインを多く飲んだ場合、全くカフェインを摂取していない妊婦に比べて流産のリスクが高まるという研究が発表されています。

カフェインの摂取量が1日に200㎎を超える場合、流産を起こす確率が2倍になるという報告もあります。原因はカフェインによる血管収縮の結果、胎盤にしっかり血液が流れていかなかったからではないかといわれています。

カフェインの摂取量は100㎎程度に抑えましょう。

胎児に栄養が十分に行きわたらない

妊活,妊娠したい,基礎体温,付け方,測り方

カフェインを飲むと、血管が収縮する恐れがあります。母体と胎児は胎盤を通して栄養や酸素を送っていますが、血管が収集くするとそれらをうまく送ることができません。

そのため、カフェインを大量に摂取し続けると、胎児が未熟児になる恐れや発達異常が見られる可能性があります。

そ胎児の血管が収縮し低酸素状態を引き起こし、発達障害を起こしてしまうことがあるんです。最悪の場合は胎児の死を招いてしまいます。カフェインが理由で命を失ってしまうのは悲しいですよね。

カフェインが赤ちゃんの胎内にたまってしまう

パパに育児を促す

お腹の中の赤ちゃんは、まだまだ内臓機能が未発達です。そのため、カフェインを消化、分解することができずどんどん体内にため込んでしまいます。

さらにカフェインは赤ちゃんにとっては刺激が強く、中枢神経を覚醒させ興奮状態にしてしまうこともあります。

これにより、生まれた後の寝つきに影響を及ぼす場合もあると言われています。

妊娠中の睡眠不足の原因になる

妊娠,カフェイン,理由

カフェインは飲み過ぎると精神的な興奮状態をもたらし、寝つきを悪くしてしまいます。

妊娠中はただでさえ寝つきが悪くなりがちで、体を休めるべきなのでもし影響があるようであれば、控えたほうがいいかもしれません。

鉄分やカルシウムの吸収を妨げる

病院、診察、問診

カフェインは鉄分やカルシウムの吸収を妨げます。妊娠中はただでさえ赤ちゃんへ栄養を送り、つわりで十分な食事もとれないため貧血などになりがちです。

カフェイン摂取は量に注意して行おう!

妊娠,カフェイン,理由

カフェインで起こる危険性はどれも大量に摂取した場合に起こるものがほとんどです。

毎日のようにコーヒーを飲んでいる人の場合、急にやめるとかえってストレスになってしまうかもしれません。一般的には、普段から飲んでいたのであれば、コーヒーなら1日1杯までは問題ないといわれています。

最近では、「カフェインを絶対にとってはいけません」とは言わない病院も多いようです。妊娠前には毎日飲んでいた女性にとってコーヒーが飲めなくなるのは辛いですよね。

一般的に、「カフェインの過剰摂取」は駄目だといわれています。1日にコーヒー1杯ぶんの100mg程度でしたら問題ありません。

そして赤ちゃんが生まれてからの授乳中も、カフェインの多量摂取には気をつけなければなりません。

その理由はカフェインには興奮作用があります。赤ちゃんは大人と比べて感受性が高いので寝つきが悪くなり、夜眠れなくなる、機嫌が悪くなるなどの症状が出る可能性があります。

今ならノンカフェインのコーヒーも販売されているので、それらを利用するのもおすすめですよ!