スポンサーリンク

妊娠中に足がつる原因と予防法

妊娠中、多くの妊婦さんが足がつるトラブルに悩んでいます。妊娠経験のある方の多くが経験する足がつるという感覚。原因は何なのか?赤ちゃんに影響はあるのか?と心配になってしまうことも多いと思います。

妊娠前には何の問題もなかったのに妊娠して、どうしてこんなに頻繁に足がつるようになってしまうのでしょうか?

より快適な妊娠生活を送るためにも、今回は、妊娠中に足がつる原因とその予防法について調べてみました。

スポンサーリンク

妊娠中に足がつる原因

妊娠,足がつる,原因,予防,対策

妊娠中突然ふくらはぎに激痛がおこるこの症状は「こむら返り」といい筋肉が疲労して痙攣を起こしてしまう症状です。妊婦さんに関わらずだれにでも起こりうる現象ですが原因としてミネラル不足、骨盤の歪み、血行不良が挙げられます。

1.血行不良

妊娠中は赤ちゃんが大きくなるにつれ、下半身の血管も圧迫されて血行不良になりがちです。また、妊娠中は安静にしがちになるので、運動量も減って足先が冷たくなったり血行不良になりがちです。

血行不良は冷えを促したり、筋肉に負担をかけやすくなるため足もつりやすくなってしまうのです。筋肉が押しつぶされていたり血行不良になると血液が滞りやすくなり体の老廃物も溜まっていくことになります。

これが原因になり足のつりを引き起こします。妊娠前から冷え性に悩んでいた方は、特に注意が必要です。

2.体形の変化

妊娠すると、出産に備えて骨盤が緩みやすくなってきます。妊婦してから徐々にお腹が大きくなっていき、それに伴って筋肉が骨盤によって圧迫されたりひろがったりしていきます。

骨盤が緩むと、今まで骨盤で支えていたものが足や腰、背中などにかかり負担がかかってしまいます。

特に足の筋肉は、体を支えるために負担がかかりやすく、足がつってしまうのです。

3.栄養不足

妊娠中は、おなかの赤ちゃんに様々な栄養が送られ、母体は栄養不足になりがちです。特にミネラルやビタミンが不足すると、筋肉に負担がかかりやすくなり、足がつってしまうのです。

運動した時に汗をかいたり水分補給がきちんとできていないと体の中のミネラルが汗と一緒に出ていくためミネラル不足になってしまいます。

ミネラルが不足すると筋肉の動きに必要な伝達物質がうまく筋肉に届かず痙攣を起こしてしまいます。学生の頃、部活動や体育の時にふくらはぎが痛くて足がつったという経験がある方も多いのではないでしょうか?

足がつらないための予防法

妊娠,足がつる,原因,予防,対策

1.軽い運動を取り入れる

妊娠中にもウォーキングやヨガ、ストレッチなどの軽い運動を取り入れて、血行促進を促しましょう。

もちろん、無理のない程度で体調に変化があれば、すぐに中止してください。

2.食生活の改善

ミネラル、鉄分、ビタミンB1を積極的に取り入れましょう。牛乳や魚、海藻類にはミネラルが豊富に含まれているので、積極的に摂取するのがおすすめです。

また豚肉の赤身、玄米にはビタミンB1が豊富に含まれています。

貧血を改善することも血行促進には欠かせませんので、足りないようならサプリメントなどで補うことも必要です。

そして何より、毎日バランスの良い食事を心がけ、規則正しい生活の中で食生活を改善していきましょう。

3.骨盤ベルトを使用する

妊娠中にも骨盤ベルトを使用することで、骨盤のゆがみを整え、負担分をサポートすることができます。

足のつり対策だけでなく、腰痛や産後の骨盤のゆがみや開きにも対策出来るので、試してみてください。

妊娠中に足がつる原因と予防法まとめ

妊娠,足がつる,原因,予防,対策

こむら返りで赤ちゃんに直接の影響はありませんが、こむら返りを恐れて運動不足にならないように、足がつるのを防ぐためには足を冷やさないことやお風呂やテレビの合間にマッサージすること、お水やミネラルウォーターを適度に取ることが大事です。

妊娠中だれもが経験するこむら返り。素敵なマタニティライフのお役にたてますように。

妊娠中に多くあるトラブルの一つとして、尿漏れが挙げられます。 妊娠前には想像もしなかったことなので驚く方も多いかもしれませんが、多くの...
待望の妊娠が判明し、喜びと共にこれからの子供のいる家庭を想像しながらわくわくしながら過ごしていたのも束の間、突然やってきたひどいつわりに苦し...