スポンサーリンク

妊娠初期症状って何?妊娠を疑うべき兆候とは?

妊活中の女性なら、毎月生理予定日が近くなると妊娠しているかどうか気になりますよね。妊娠を望んでいてもそうでなくても、妊娠の初期兆候に気付くことでアルコール摂取や喫煙、服用する薬などを見直すことができ、産まれてくる赤ちゃんに与えるリスクを避けることができます。

「ただの体調不良だと思っていたら妊娠していた!」ということがないように、妊娠の初期症状をあらかじめ知っておきましょう。

スポンサーリンク

「妊娠超初期」と「妊娠初期」

妊娠初期症状って何?妊娠を疑うべき兆候とは?

「妊娠初期」や「妊娠超初期」という言葉、よく聞きますね。ただ、妊娠初心者にとっては厳密にいつのことを指しているのかよくわからない言葉かもしれません。具体的にはそれぞれいつの期間を指しているのでしょうか?

妊娠超初期

「妊娠〇週」というのは、WHOの定義によると最終月経の開始日を「妊娠0週0日」と定め、そこから1週間までを「妊娠0週」、その次の週を「妊娠1週」、「妊娠2週」・・・と数えていきます。

「妊娠超初期」とは、妊娠初期の中で「妊娠0週」~「妊娠4週」くらいの間のことをいいます。

市販されている妊娠検査薬は、「生理予定日1週間後から使用」というものが多く、「妊娠超初期」は、妊娠検査薬で陽性が出る前の期間を指すので、持病などでお薬を飲んでいる人は注意が必要です。

妊娠初期

「妊娠初期」とは妊娠4週目〜15週目、期間でいえば妊娠2ヶ月〜4ヶ月の期間を指しています。

まだお腹は目立たないのですが、この時期は赤ちゃんの脳や各臓器など重要な器官が育つ時期で、飲み薬やアルコール、放射能などに特に注意が必要なデリケートな時期です。

妊娠超初期、妊娠初期にあらわれる症状

妊娠初期症状って何?妊娠を疑うべき兆候とは?

妊娠の兆候は、妊娠検査薬で陽性が出る前からあらわれる場合があります。妊娠の初期症状というのは、人によって症状のあらわれかたや自覚症状が異なりますので、あくまでも参考にしてくださいね。

風邪のような症状

妊娠超初期の症状で多いのが「風邪のような症状」です。風邪の時のような熱っぽさや、微熱が続くといった症状、カラダがだるくて辛い、寒気や頭痛がする、さらには鼻水が出やすくなる、喉がイガイガするなど風邪と間違うような症状も見られることがあります。

「風邪を引いたかな?」と思って病院へ行って妊娠に気付く人も多いようです。これの症状は、妊娠によるホルモンバランスの変化や自律神経が乱れるためだと考えられています。

生理前と同じような症状

胸のハリ

生理前になると「黄体ホルモン」の影響で乳腺が刺激され、いつも以上に胸が張ったり、乳首が敏感になり痛みやかゆみを感じたりすることがありますが、妊娠の初期症状にも同じような症状が見られることがあるようです。

眠気・倦怠感

生理前と同じようにしっかり寝ているのに眠たい、頭がボーッとする、何となくカラダが重い、理由もなく倦怠感が続く・・・といった体調不良が現れる場合があります。

肌荒れやニキビ

生理前になると肌荒れやニキビができやすくなる場合がありますが、妊娠の初期症状でも同じように肌トラブルがあらわれることがあります。

今までできなかった吹き出ものができたり、肌が敏感になって肌荒れが生じたり・・・。これも妊娠に伴うホルモンバランスの変化によって生じるようです。

情緒不安定

訳もなく悲しくなる、イライラする、不安感がある、気分が落ち込む・・・など情緒的に落ち着かなくなるという場合があるようです。

頭痛

妊娠の初期症状として感じる頭痛は「偏頭痛」が多いといわれています。

こめかみあたりなど、頭の片側がズキズキと痛むタイプの頭痛です。それ以外にも後頭部から首にかけて重い痛みを感じる「緊張型頭痛」が生じる場合もあるようです。痛みの強さは人それぞれですが、中には眠れないほどの頭痛を感じることもあるようです。

トイレが近くなる

妊娠の兆候のひとつの症状として「頻尿」があるようです。何度もトイレに行きたくなる、トイレを済ませても尿がスッキリ出た気がせず、またすぐに行きたくなる・・・など、仕事や外出に支障が出ることがあります。泌尿器科に行って妊娠に気付く人もいるようです。

妊娠の兆候の感じ方は人それぞれ

妊娠初期症状って何?妊娠を疑うべき兆候とは?

いかがでしたか? 妊活中の女性にとって妊娠の兆候は非常に気になることだと思います。

少しでも兆候があらわれたら「今度こそ妊娠かも!」と思うかもしれませんが、妊娠超初期の症状をあまり気にしすぎると、妊娠していないのに女性ホルモンが崩れたり、想像妊娠になってしまったりすることもあるといわれています。

今回ご紹介した妊娠の兆候の感じ方は人それぞれ。自覚症状を感じる人もいれば、全く感じなかった、という人もいるようです。あくまでも参考程度にとどめ、妊娠が確定するまで様子を見ながら自分の体調を整えることを意識したいですね。

スポンサーリンク