スポンサーリンク

妊娠中の頻尿や尿漏れの原因と対策

妊娠中に多くあるトラブルの一つとして、尿漏れが挙げられます。

妊娠前には想像もしなかったことなので驚く方も多いかもしれませんが、多くの妊婦さんがこの尿漏れを経験しているのです。

そこで今回は、その妊娠中の頻尿や尿漏れの原因、そして対策について調べてみました。

スポンサーリンク

妊娠中の頻尿、尿漏れの原因は?

妊活,妊娠したい,基礎体温,付け方,測り方

1.赤ちゃんが膀胱を圧迫している

妊娠中、お腹が大きくなるにつれ頻尿になります。その原因は、大きくなった子宮が膀胱を圧迫するからです。ただでさえ寝苦しいのに夜中に起きてお手洗いに行かなければいけないなんて辛いですよね。

でも、出産後の方がもっと眠れなくなりますから、妊娠中に少しでも昼寝をするなどしてしっかり体力を蓄えておきたいものです。

赤ちゃんが成長するにつれ、膀胱はますます子宮に圧迫されて行きます。すると、それに伴い尿意は感じやすくなったり、尿漏れも起こりやすくなってしまいます。

妊娠中期になると子宮は骨盤より上に移動するため、妊娠初期にこれが原因で尿漏れや頻尿が起こりやすいと言われています。

頻尿と同様に尿漏れをしてしまう原因も子宮による膀胱の圧迫です。

ただでさえ、子宮の重みで骨盤底筋が緩んで尿漏れしやすいのに、吐き気がした時に腹圧がかかってしまったり、クシャミをしたり、何か力を入れてしまうと漏れてしまうことがあるのです。

お尻の穴の辺りに力を入れる体操をすると骨盤底筋は鍛えられますが、子宮が収縮してお腹が張ったりするので、体調と相談しながら無理のないようにして下さい。

2.女性ホルモンによる影響

妊娠すると妊娠を継続するために、黄体ホルモンが分泌されます。

そしてこの黄体ホルモンは、膀胱の筋肉を緩める作用があるため、今までは何ともなかった人でも尿漏れや頻尿が起こりやすくなってしまうのです。

3.腎機能の活性化

妊娠すると、血液の量が増え腎機能も活性化します。すると、尿の量も増え頻尿の原因になってしまうのです。

4.カンジタ膣炎

妊娠すると、普段酸性の膣内がアルカリ性に傾き、カンジタ膣炎にかかりやすくなります。すると、頻尿や尿漏れなどの症状がみられる場合があります。

他にも、かゆみやおりものの異常がある場合は医師に相談してみましょう。

妊娠中の尿漏れ、頻尿の対策

妊活,添加物,農薬,妊娠,野菜を良く洗う

1.尿漏れシートを使用する

尿漏れや頻尿が気になって外出が思うようにできないと悩んでいる方は、是非、専用のシートを使用してみましょう。

妊娠中の尿漏れや頻尿は、多くの方が悩む症状なので恥ずかしいことではありません。

普通の薬局にナプキンの様な尿漏れパッドを売っているので利用して出来るだけ快適に過ごして下さい。生理用ナプキンとは違います。ちゃんと尿漏れ用のものを利用すると、匂いも気にならずしっかり尿をキャッチしてくれます。

商品パッケージも普通のナプキンのようなデザインなので、買うのも恥ずかしくありません。頻度や量によって、種類も豊富で選ぶことができますので、早めに購入して使用してみてください。

2.冷えを対策する

体の冷えは、尿意を促してしまい、頻尿や尿漏れの原因にもなります。

また、妊娠中は体が冷えやすいので、露出の多い服を避け、入浴や暖かい飲み物を飲むなどして体を温めましょう。

3.カフェインを避ける

カフェインには、利尿作用があるため頻尿や尿漏れを悪化させてしまいます。さらに、妊娠中のカフェインの取り過ぎは、胎児にも影響するため極力避けましょう。

4.トイレを我慢しない

頻尿の場合、なかなか面倒に思うかもしれませんが、我慢のし過ぎは膀胱炎の原因にもなってしまいます。トイレに行きたくなったら我慢せずに行くようにしましょう。

普段から色とニオイを観察しておきましょう

赤ちゃんが生まれるまでの時間

妊娠中の頻尿や尿漏れは決して恥ずかしいことではありません。

ただ、尿漏れと破水を勘違いしないように、いつも色や匂いを確認して少しでも異常を感じたらすぐに受診しましょう。

不快なことが多いですが、その原因がすべてお腹の中の赤ちゃんのためだと思ったら、期間も限定されていることですし、頑張れますよね。

スポンサーリンク