スポンサーリンク

妊娠生活と仕事をうまく両立するためのコツとアイデア

妊娠中も、将来のために仕事を続けたいと考える女性は少なくないはずです。

そこで、体調が変わってくる妊娠生活の中でも、仕事をうまく両立させるためのコツやアイディアについていくつか調べてみました。

赤ちゃんのためにも、よりストレスフリーに素敵なマタニティライフを送れるように、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

完璧を求めすぎない

妊娠,仕事,両立

妊娠すると、ホルモンのバランスや体形の変化により、様々なことが今まで通りにいかなくなってしまいます。

それでも完璧を求めると、よりストレスがかかり仕事もうまくいきません。出来ないことは周りの人に助けてもらったり、利用できる制度はきちんと利用していきましょう。

仕事だけでなく、家事面でもすべてを完ぺきにこなすのではなく、家族の理解を得て、負担を分担してもらえるようにすることが大切です。

時には冷凍食品や、宅配などに頼ってみてもいいのではないでしょうか?

優先順位を確立しておく

妊娠,仕事,両立

何よりも自分が今一番何を大事にしておかなくてはいけないのか、優先順位をあらかじめ明確にしておきましょう。

そうすることで、限られた時間の中でもスムーズに動くことができ、時間を無駄にすることなく仕事も家事もこなすことができます。

さらに頭の中でやるべきことを整理するだけで、スケジュール管理もできるので、周りの協力も得られやすくなります。

まとめてできることはまとめてこなす

妊活,添加物,農薬,妊娠,手作り

一度にできることは全部まとめて行いましょう。

買い物も宅配サービスなどを利用して1週間分まとめて購入すれば買い物の時間を省略することができます。

洗濯物も毎日することなくまとめて行えばその分時間を確保することができます。

また料理はある程度下ごしらえした元を作り置きすることで調理時間を短縮できるので是非工夫してみてください。

隙間の時間を有効に使う

妊娠,仕事,両立

一度腰を上げたらついでに目につくものを片づけたり、食器を洗うついでに台所をさっと拭いたり、ちょっとした時間を有効利用してできる家事をこなしていきましょう。

仕事面でもあとあと面倒になりそうな事務作業などは、空いた時間に少しずつこなして、時間を確保することが大切です。

現実社会では理解されないツラさも

妊娠,仕事,両立

妊娠すると、仕事との両立に悩みます。続ける場合、職場の同僚や、上司とうまくいくように雰囲気を作る必要があります。まず、仕事を今までのように続けることができるかは、体調によります。

例えば、今まで自分がしていた、書類運びを誰かに変わってもらわないといけなかったりします。

私の職場でのやりとりですが、独身女性上司が、後輩が妊娠したから、しんどい仕事全部自分に回ってきたけど、仕事復帰するの?とマタニティハラスメントな言葉を言ったそうです。

妊娠と、仕事を両立している、先輩が周りにいればいいですが、やはり、まだまだ日本は、ずっと仕事を続けている人で、年配者は、独身だったりします。そういう場合は、ひたすら、妊娠経験がない先輩の、ご機嫌とりをするのも手です。

仕事の後はリラックス

妊活,妊娠したい,基礎体温,付け方,測り方

仕事を両立するためには、いつもより、気を使いながらになります。

また、妊娠中は、いつもより、体がだるく、つわりや、腰痛に悩まされます。通勤もかなり大変で、つわりの時期は、1番しんどいのに、お腹が膨らんでいないから、気づいてもらえず、辛かったり、妊娠後期は、満員電車は、お腹に負担がかからないか気を使います。

妊娠、仕事の両立は、思ったよりかなり大変ですが、妊娠中たくさん動くと、安産で、お産が早くすみますので、悪いことばかりじゃないです。

また、出産するとかなり睡眠がとれなくなるので、妊娠中は、会社から帰宅したら出来るだけリラックスしてしっかり眠ることが、仕事を両立するためのコツかもしれません。

スポンサーリンク