スポンサーリンク

妊娠中や授乳中に食べてはいけない食べものって何?

妊娠したとわかった時点から、ママさんは自分一人のカラダのことだけではなく、お腹に宿った赤ちゃんの健康も意識した生活に切り替えることは大切です。

なかでも食事は母体と赤ちゃんの健康に大きく関わるものですから、妊娠中・授乳中に積極的に摂りたい食べ物と、逆に普段好んで食べていたものでも避けたほうがいいものを知っておく必要があります。

今回は妊娠・授乳中は避けたほうがいい食品について考えます。

スポンサーリンク

妊娠中に避けるべき食べ物とは?

妊娠中や授乳中に食べてはいけない食べものって何?

妊娠中に注意しなければいけない食品とは、「食中毒の危険性が高い食品」「胎児の成長に悪い影響を与えるもの」「子宮が収縮して流産のリスクを高める食品」があります。

食中毒の危険性が高い食品

妊娠中は免疫力が落ちるため、通常よりも20倍も食中毒にかかるリスクが高まるといわれています! ですから、普段はそれほど過敏にならなくてもいい食品でも注意が必要です。

生卵

卵の殻には食中毒の原因菌となる「サルモネラ菌」が付いている場合があります。

免疫力が落ちている妊婦さんがサルモネラ菌に感染すると食中毒になって嘔吐や下痢を引き起こします。その場合、下痢が原因で子宮筋が収縮し、流産につながる危険性もあります。卵を食べる時にはしっかりと加熱調理をして食べるようにしましょう。

生肉

焼肉屋さんでもおなじみのユッケやレバーといった生肉にも「サルモネラ菌」が含まれている可能性があります。妊娠中は食べないように注意が必要です。

生牡蠣や二枚貝類

生牡蠣は一般的にも食べて食中毒になる事例がよく聞かれるので、妊婦さんならば避けるほうがいい食品のひとつです。

牡蠣の場合は加熱されていても食中毒の原因になることもある、といわれているので生でなくても避けたほうが安心かもしれません。

さらに、アサリやホタテといった二枚貝はエサのプランクトンが原因で食中毒の原因になることがあるので、普段何気なく食べていた二枚貝にも注意が必要です。

ナチュラルチーズなど

「未殺菌乳」、加熱処理をしていない「ナチュラルチーズ」、「生ハム」や「スモークサーモン」といった、「冷蔵庫に長期間保存され、加熱せずにそのまま食べられる食品」には、「リステリア」という細菌が含まれている可能性があります。

厚生労働省によると、妊婦さんがリステリア菌に感染すると胎盤や赤ちゃんにも感染し、流産を引き起こしたり、生まれてくる赤ちゃんに影響がでたりすることがあるそうです。

胎児に影響を与える可能性がある食品

大型の魚

ここでいう「大型の魚」というのは、食物連鎖の上位に位置する魚のことで、マグロ、クジラ、メカジキやキンメダイなどの魚です。

これらの魚は水銀濃度が高いといわれていて、お腹の赤ちゃんに影響を与え「脳神経障害」の危険があるといわれています。魚自体は妊婦さんにおすすめなのでアジやサバ、ブリやカツオなど心配せずに食べられる魚を積極的に食べるといいですね!

ビタミンA・ビタミンD

レバーやウナギなどに多く含まれる「ビタミンA」、過剰摂取すると赤ちゃんの奇形発症率が高くなるといわれています。

また、イワシやサケなどに多く含まれる「ビタミンD」も、摂取しすぎると赤ちゃんの腎臓障害を起こす可能性があるといわれていますので注意が必要です。

嗜好品

コーヒー、紅茶、緑茶に含まれる「カフェイン」、「アルコール」や「タバコ」などの嗜好品は注意が必要です。

特におなかの赤ちゃんの発達に悪い影響を与えるお酒とタバコは止めることをおすすめします。カフェインは、適度に摂取する程度なら大丈夫のようです。

授乳中に避けるべき食べ物とは?

妊娠中や授乳中に食べてはいけない食べものって何?

授乳中も妊娠中に引き続き「タバコ」や「アルコール」の摂取は禁物です。また、「カフェイン」も控えめにする必要があります。それ以外にも授乳中に特に気をつけるべき食品をご紹介しましょう。

もち米・お餅

もち米やお餅は母乳が不足しがちな人にはいいといわれていますが、白米以上にカロリーが高く粘着性があるため、母乳が詰まりやすい人は避けたほうがいいとされています。

油が多い物

揚げ物や脂身の多いお肉、脂肪分の多い魚卵類、カロリーの高いケーキ・クッキーなどの洋菓子、ナッツ類や乳製品は油脂のせいで母乳がドロドロになって詰まったり、乳腺炎になったりする原因です。控えめを心がけましょう。

スパイシーな食事

唐辛子や豆板醤などが多く含まれたスパイシーな食事、カレーなど辛味が強いものを食べると辛味が母乳に出ることがあるようです。赤ちゃんが母乳を嫌がるかもしれないので避けたほうがいいかもしれません。

ストレスをためすぎないことも大切

妊娠中や授乳中に食べてはいけない食べものって何?

いかがでしたか? 今回は妊娠中・授乳中のママが避けたほうがいい食品をご紹介しました。

「あれもダメ、これもダメ」で食べられるものがなくなりそう・・・と思われるかもしれませんね。もちろんアルコールやタバコなど、避けるべきものはあるのですが、ママさんがストレスを溜めすぎることもお腹の赤ちゃんに悪い影響を与えてしまいます。

時には大好きなスイーツを少し食べるなど、上手にストレス発散をするのもいいかもしれません。バランスの良い食事を心がけたいですね!

スポンサーリンク