スポンサーリンク

妊娠中におりものが増えるのはよくないの?その原因と対策

妊娠中は、体のあらゆるところに変化が現れます。その中でもおりものは、体の不調を知らせてくれる重要なもので、きちんとチェックしなくてはいけません。

そして、妊娠中、そんなおりものの量が増えたと悩む妊婦さんが多くいらっしゃいます。実際に妊娠中におりものが増えることは、どんなことを意味するのでしょうか?

その原因と対策について調べてみました。

スポンサーリンク

妊娠中はおりものの量がふえるもの!

妊娠,おりもの,増える

おりものとは、そもそも子宮の出口や膣から分泌される粘液のことで膣の乾燥を防ぎ、膣内を賛成に防いで菌の侵入を防いでいます。

そしておりものをチェックすることで、さまざまな婦人科系の異常を知ることができるのです。

おりものは、妊娠していなくてもよく見られるものですが、妊娠中は特によく観察してみましょう。おりものの変化は、母体や赤ちゃんの健康状態に直結している可能性があります。

妊娠中におりものの量が増えると心配になってしまうかもしれませんが、妊娠中は赤ちゃんの成長を守るため、女性ホルモンエストロゲンの分泌量が増えます。それにともない、おりものの量も増えているため、おりものの量が増えるのは自然なことなのです。

量よりも注意すべきは色や臭い

妊活,添加物,農薬,妊娠,成分表

普段は少量だったり、見られなかったおりものが増える時には注意が必要です。雑菌が増えたりすると、それに伴っておりものも増えることがあります。

また、その場合は色も確認してみましょう。おりものの量よりも、注意するべきは色や臭いです。妊娠中のおりものの色が黄色やきみどりの場合、何らかの性感染症に感染している場合があります。

また、正常なおりものは粘着性がありますが、ポロポロとしたカッテージチーズのような状態の場合も、カンジタ性膣炎になっている場合があります。

そして、においも生臭かったりいつもより強い場合は、要注意です。

しかし、妊娠中はまれに血が混じっている場合や、茶色いおりものが出てくる場合があります。妊娠中は、赤ちゃんの細胞が増殖するため、その過程でおりものに血が混じることはよくあることです。基本的には心配がいりません。

しかし、下腹部が痛んだり、大量に出血したり、何度も続くようであれば必ず医師に相談しましょう。

実際に緑色のおりものが出た時の体験談

病院、診察、問診

妊娠中期頃、緑色のおりものが出ていることに気づき、細菌が悪さをしているということで膣洗浄に1週間程度通いました。

しかし症状は改善されず、最終的には出血までしてしまい、切迫流産との診断で2週間入院することになりました。血液検査では炎症反応が出ていたため、抗生剤の投与も1週間行われました。

まだ黄色いおりもので済んでいた初期の頃、もう少し気をつけて病院に相談していれば、入院するまでにはなっていなかったのではないかと、とても後悔した出来事でした。

大量のおりものへの対処法

足

おりものが大量でも問題はありませんが、オススメはおりものシートです。外出先でもさっと変えられるので、とても便利ですよ。

また、下着も通性の良いものに変えることで、より快適に過ごすことができます。

そしておりものが大量だからといって、膣内を石鹸などでごしごし洗う必要はありません。妊娠中は膣内がアルカリ性に傾き、カンジタ膣炎になりやすいためシャワーなどを利用して洗いましょう。

少しでも気になればすぐに病院に相談しましょう

病気、病院、看護師

病院への相談は、夜中だったり、休診日だったりするととても億劫に感じることがあります。

しかし、赤ちゃんや母体にとっては、一分一秒でも早く確認した方がいいことがたくさんあるのです。検索して不安になるよりも、まずは病院へ相談してみてくださいね。