スポンサーリンク

妊娠性痒疹とは?どんな症状が出るの?

妊娠性痒疹という病気を聞いたことがあるでしょうか。私の場合、ちょっとした痒みから、広い範囲のじんましんへと広がり、かなりつらい思いをしました。今回は、妊娠性痒疹について、その原因と症状を説明しておきます。

スポンサーリンク

妊娠性痒疹って何?

病気、病院、看護師

妊娠初期に発症する方が多く、腕、足、お腹、胸など顔以外の全身に蕁麻疹のような発疹が出て、強烈な痒みを伴います。

初めての妊娠ではなく、2回目以降の妊娠に症状が現れやすいのも、この妊娠性痒疹の特徴です。

原因は、妊娠によるホルモンバランスの変化や羊水アレルギーなど様々なことが言われていますが、まだはっきりとしたことは分かっておらず、症状は出産と同時に解消される場合が多いようです。

中には子供の性別や血液型が母体と違っているために起こる反応ではないかといわれていますが、性別に関しては我が家も女の子だったのであまり関係はなさそうです。

また私の場合、初めての妊娠にもかかわらず妊娠性痒疹と診断されました。

症状は安定期に現れ、1カ月ほどで徐々に改善に向かっていったため、出産時にはまったくかゆみはありませんでした。

まだまだ詳しいことは分かっていないものの、妊娠した以上、誰もがかかる可能性のある症状だということは頭に入れておきましょう。

妊娠性痒疹の症状の出方は?

足

多くの人の場合、なんだかかゆみを感じる・・・といったところから、一気に全身に症状が広がりかゆみの強さも強くなっていくようでした。

皆さん、妊娠中ということもあり、すぐに産婦人科や皮膚科に相談されていましたが、それでも妊娠性痒疹の勢いを止めることはなかなか難しく、あとはただただ、いかにかゆみを抑えて生活して出産まで乗り切ることができるかになります。

私の場合は、足首に小さな湿疹ができたのが始まりでした。無意識のうちに掻いてしまっていたようで、靴下による締め付けでかゆみが出てきたのかな?と思っていたら、その日のうちに今度は手首にもかゆみは広がってきました。

そして翌日はおなかにもプツプツと赤い発疹が出てきて、手首は寝ているうちに掻いてしまったのか蕁麻疹のようになっていて、驚いてすぐに病院で見てもらい診断されました。

気になるかゆみがあったら病院へ!

病院、診察、問診

それからは、すぐに腕全体、足全体、お腹周り、背中と全身にかゆみが広がり、手足は特に常に蕁麻疹だらけでした。

とにかく1日中、掻きむしらないようにするのに必死で、人生で初めて泣くほどのかゆみを経験しましたよ!

痒みにともない不眠やストレス、食欲不振など様々な影響もありますので、もし何か気になる症状が出たら、まずはすぐにかかりつけの病院に相談してみてくださいね。